全員が幼馴染で元不良のBAD HOPのBenjazzyとVINGOが泥酔して殴り合いの喧嘩が勃発。VINGOが「うざかった」からとBenjazzyをボコボコに殴った理由を説明した。

【動画】大喧嘩した際の映像

 『BAD HOP 1000万1週間生活』は、神奈川・川崎の幼馴染で結成された8人組ヒップホップ・クルー、 BAD HOPの冠番組。人気絶頂の中、2024年2月に東京ドームで解散ライブを開催することを発表した同グループ。そんなBAD HOP に「1000万円を渡し共同生活をさせたら、彼らはどのような1週間を過ごすのか?」というコンセプトのもと、放送作家の鈴木おさむ氏が企画・演出を手掛け、大金を手に入れた彼らの様子に密着する。

 1000万円生活5日目の夜、メンバーは馴染みの店で浴びるほど酒を飲んでいた。水のように日本酒を一気飲み。手を使わずに口だけでグラスを咥えて酒を流し込む者、酔っぱらいすぎて犬のように舌でペロペロと酒をすくいながら飲む者、レンコンをおでこにくっつけて真っ赤な顔でカメラに視線を送るメンバーなど、ほぼ全員が泥酔状態で幼馴染との楽しい宴を謳歌した。

 翌朝、メンバーが暮らすシェアハウスのリビングでは、Benjazzyが「俺、映っていい顔してる?浮腫みか、殴られたからかわかんないんだけどさ」と顔が腫れていることを気にしていた。すると隣にいたVINGOが「とりあえず本気で殴った」と告白。いったい、昨夜なにが起きたのか…、VINGOの証言をもとに真相を解明した。

 昨夜、ハイエースで帰宅したメンバー。シェアハウスに到着しても酔っ払ったG-K.I.Dがなかなか起きなかったため、VINGOが車から引きずり降ろそうとしたそうだ。そのとき、Benjazzyがなにを思ったのか急にVINGOに思いきりタックルしてきたという。VINGOはそのときのBenjazzyのことを「お前がうざかった」と振り返っている。さらにBenjazzyから「大ブチギレされた」と明かすと、Benjazzyは昨晩の記憶が全くないようで「俺、キレることないよ」と言い張った。タックルされたVINGOは、頭に血が上りなんと鼻血が出るまで6発もBenjazzyをボコボコに殴り続けたそうだ。

 話が終わると、Benjazzyは頬の傷を消毒し、「擦れてるところに張ってくれる?」とVINGOにバンドエイドを渡した。VINGOは昨夜の喧嘩が嘘だったかのように、Benjazzyの頬に優しく絆創膏を貼ってあげた。頬にバンドエイドを貼ったBenjazzyの姿に、VINGOは思わず「めっちゃ可愛い」と微笑んでいる。