※画像はイメージです(以下同じ)
どんなに家族と仲良くても、知らない一面はあるもの。

もしかしたら、あなたの父、母、きょうだいには、知らない「顔」があるのかも?

◆温厚で優しい父親の「裏」にある顔とは

東京都在住のB子さん(22歳/保育士)は、父、母、姉の仲良し4人家族の中ですくすく育ったとのこと。

B子さんと家族は、一緒に家族旅行へ出かけるということはありませんでしたが、とくに喧嘩や言い争いもなく、平和で穏やかな家族でした。

ただ、ある出来事をきっかけに、父の顔を見て話すことが出来なくなってしまったとか……。

◆和室に隠されたあるもの

それはある日、B子さんがまだ高校生の頃。母から「和室の掃除をしておいて」と言われ、1階和室の掃除をすることに。

和室の掃除機をかけていたところ、タンスの上にB子さんは「箱」を発見。以前お菓子が入っていたような箱で、どこにでもあるようなもの。

ただ、B子さんの母は綺麗好きかつ几帳面な性格で、「お菓子の空箱」をそのまま使うタイプでもなかったので、「これは、誰が置いたの?」と感じたのだとか。

B子さんはふと箱の中を見ることに。すると、箱の中には大人のおもちゃのカタログや、スカトロ系などマニアックなアダルト関係の雑誌がわんさか……。

B子さんの家族は、父、母、2才年上の姉の4人家族。B子さんには女兄弟しかいないので、犯人は父だとすぐ察したそうです。B子さんの父は温厚で優しく、ほぼ怒られたこともないとか。そんな優しい父に、こんな趣味があったと知ると恐怖を感じて、居ても立っても居られなくなったB子さん。

B子さんは動悸が止まらなくなり、すぐに母親へこのことを報告したそうです。

◆父の性的嗜好を伝えても動じない母に、再び驚かされて……

B子さんが父のことを伝えようとした時、母は台所で料理をしていたとか。

そんな時に伝えるのもどうかと一瞬思ったものの、このことを1人で抱えるのが辛くて、どうしてもすぐ母に伝えたくて仕方がなかったB子さんは、すぐに「お母さん。実は和室に、お父さんが変なものを隠しているのを見つけてしまって」と伝えたそうです。

すると、B子さんの母は「ああ、あれね」と淡々とした口調で一言。やや苦笑い気味だったB子さんの母は、その後もまるで何事もなかったかのように、料理をする手を止めなかったそうです。

なんと、B子さんの母は父が和室に大人のおもちゃカタログやエロ本を隠していることを知っていたのです。

◆母の驚きの回答は?

そこで「お母さんは、これを知って驚かないの?嫌じゃないの?」と尋ねるB子さん。

そんなB子さんに対し、B子さんの母は「誰にだって、人に言えない趣味はあるわよ。そんなものを、勝手に詮索するのは良くないわよ」と一言。

B子さんはそう話す母に「そんなお父さんでも、嫌いにならないの?」と言うと、「別に母さんがお父さんの趣味に付き合っている訳でもなく、1人で本でも読んで楽しんでいるなら、それでいいんじゃない」とのこと。

B子さんの母は、父の性的嗜好を知った上で、それを大らかな心で受け止めていたのです。

B子さんはそのことを知り、母の器の大きさを知ったのだとか。ただ、B子さん自身はどうしても父のことを「父親」として見ることができなくなり。それから父の目を見て上手く話せなくなってしまったとか。

どんなに親しい人物であっても、その人にはその人なりの趣味、嗜好があり、もしかしたら、誰にも話せない趣味を1人で抱えているのかもしれない……。

B子さんはこの経験から、家族のみならず恋人、友人にも、それぞれ「自分の世界」があるのかもしれないと悟り、その後は誰に対してもあまり深入りしないようになったそうです。
<文/みくまゆたん>

【みくまゆたん】
フリーライター兼占い師。数々の婚活経験を元に、大手メディアや出版社などで恋愛、婚活、占いコラムなどを執筆中。
Twitter:@mikumayutan