銀座のクラブの女性への性加害報道で謝罪に追い込まれた俳優・香川照之(56)。彼がドラマの懇親会の席で、酔っぱらって女性スタッフに暴行していた疑いがあることが『週刊文春』の取材でわかった。

【画像】香川の実母・浜木綿子

自身が司会を務める『THE TIME,』で謝罪

 香川の性加害をスクープしたのは『週刊新潮』の8月24日発売号。

「19年7月、知人と共に銀座の高級クラブを訪れた香川は、ホステスからブラジャーをはぎ取って匂いを嗅いだ上、キスをして直接胸を触るなどの行為に及びました。これによってPTSDを患った女性は、翌年、香川を止められなかったことを理由にクラブのママを訴えた。訴えは取り下げられましたが、訴状にはセクハラ行為の詳細が記されていたそうです」(芸能記者)


香川照之 ©文藝春秋

 新潮の発売翌日、香川の所属事務所は〈当該女性に不快の念を与えてしまったことは事実〉とコメントを発表。その翌日には香川が司会を務める『THE TIME,』(TBS系)で謝罪をした。

セクハラだけではない、香川の知られざる振る舞い

 ドラマや映画、CMに引っ張りだこだった香川だけに、影響は計り知れない。

「7月からテレビ朝日系ドラマ『六本木クラス』に出演しているほか、トヨタ自動車の『トヨタイムズ』をはじめ、現在5本のCMに出演。報道を受けてテレビ朝日は『影響はない』とコメントしたが、CMスポンサーは状況を注視している」(代理店関係者)

 テレビでは決して見せない、香川の銀座での顔。だが、あるドラマ制作関係者によれば、香川の知られざる振る舞いは、セクハラだけではないという。

ドラマ制作関係者との懇親会で女性スタッフの頭部を殴打

 2018年1月期のTBS日曜劇場『99.9―刑事専門弁護士―SEASON供戮諒送開始を間近に控えたある夜のことだ。同作で松本潤演じる破天荒な弁護士の上司役を演じた香川は、撮影スタッフや事務所スタッフらを引き連れて、懇親会を開いていた。ドラマ制作関係者が語る。

「店内は他の客はほとんどおらず、香川さんは時折、食や酒に関する蘊蓄を披露しながらも、料理に舌鼓を打ち上機嫌に杯を重ねていった。ドラマも2期目ですし、気心の知れた仲間内だったこともあるのでしょうか、香川さんは次第に酔っぱらっていった。そして会の途中で香川さんはある女性スタッフにおもむろに向き合い、頭部を殴打したのです。普段から香川さんは酒に酔うと説教癖が出ますが、あの日はそういうレベルではなかった。周囲が『飲みすぎです!』と間に入って制止しました」

 香川はその場で、「俺もいっぱいいっぱいなんだよ……」と、すぐ女性スタッフに謝罪したという。

暴行の事実について、事務所に尋ねると…

「ただ、本人はよく覚えていないと言っていました。離婚から一年も経っておらず俳優と歌舞伎役者の二足の草鞋で重圧がかかっていたのかもしれませんが、決して許されることではありません」(同前)

 香川の事務所に暴行の事実について尋ねると、概ね次のように回答した。

「撮影現場等で、本人がスタッフ等に対して暴力等を振るっているとの認識はございません。」

 だが香川の知られざる「顔」はこれだけではなかった――。

 このほか、香川のマネージャーへのパワハラ疑惑、銀座での女性とのツーショット写真、あの“元舞妓”と香川との接点、トヨタ自動車社長との銀座での縁など、8月31日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および9月1日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年9月8日号)