独占告白!「小室圭文書」に元婚約者が反論「私は納得できません」

写真拡大

2年間の沈黙を破り、小室圭さんが再び動き出した。だが長大な「文書」を発表したかと思えば、「解決金」を支払うと言い始めるなど混迷を極めている。すべてのカギを握る、元婚約者が口を開いた。発売中の『週刊現代』が特集する。

悪いのはすべて私?

「この文書を読んでまず思ったのは、なぜ圭君はいまこんなものを出したのかということです。宮内庁長官などから金銭問題についての説明責任を求める発言がありましたので、いずれ何か世間に対して説明をする機会があるとは思っていました。

それが大量の文書の発表という形だったので、非常に驚きました。内容はひたすら自分たちに非はなく、悪いのは私であるという主張が書き連ねてある。とても誠実な対応とは思えず、強い違和感を持ちました」

そう話すのは、小室圭さんの母・佳代さんの元婚約者の男性・A氏だ。4月8日に圭さんが発表したA4用紙28枚に及ぶ「文書」が波紋を呼んでいるなか、A氏が本誌の独占取材に応じた(以下、「 」は断りのない場合はすべてA氏の発言)。

圭さんの文書は「金銭トラブルと言われている事柄に対する私と母の認識について」など8つの項目にわけられ、論文のように多数の脚注までつけられている。

「小室圭さんは文書を発表した理由として、2点挙げています。ひとつは秋篠宮が昨年の誕生日会見で小室さんの説明責任について言及したこと。

もうひとつは昨年11月末に発売された『週刊現代』にA氏のインタビューが掲載され、その内容に対する反論があるという理由からでした」(全国紙宮内庁担当記者)

名指しされたのは、本誌'20年12月5日号の『眞子さまにお伝えします。もうおカネは要りません』と題した、A氏の独占告白記事だ。

そこでA氏はこれまで結婚問題のすべての原因となってきた「400万円」の返金を求めないと語った。

「私が返金の請求をやめようと考え始めた理由はいくつかあります。ひとつは'19年7月から始まった小室家側との話し合いが、こちらが金銭を貸した側にもかかわらず、先方の態度が誠意あるものではなく、徒労感ばかりが募ったこと。

そして、自分という存在が眞子さまと圭君の結婚の障害になっていると自覚があり、悩み続けていたことです」

初期のA氏は経済的な理由から返金を諦めきれずにいた。400万円を失い、71歳のA氏は生活のため、いまも週5日、再雇用という形で働いている。家賃8万円の木造アパートで暮らしており、悠々自適とはほど遠い。

しかし、最終的に'20年11月の秋篠宮眞子さまの「お気持ち」文書を読んだことで、「いつまでも自分の存在が二人の幸せの障害になってはいけない」と考え、返金を求めないことを決断したという。

A氏は眞子さまと圭さんの幸せを思い、「もうおカネは要りません」とはっきり語っている。ところが「カネのことで騒ぐのはやめなさい」と言わんばかりの不可解な主張を書き連ねているのが、今回の文書なのである。

圭君の「録音」に驚いた

A氏にとって、文書の内容は、首をかしげるようなものばかりだ。'10年9月にA氏と佳代さんは婚約し、その直後から佳代さんからA氏への金銭援助の依頼が始まった。

文書では〈元婚約者の方は、家族になるのだからこれからは金銭面も含めて全面的にバックアップします〉などと、A氏から積極的に小室家に金銭を渡したかのように書かれているが、実際はまったく違うという。

「金銭は、どれも佳代さんから『ヘルプしてください』『助けて頂けませんか』といった要請があったので、渡したものです。

『全面的にバックアップします』といった発言も、あくまで必要があればお渡しするという趣旨の言葉です。

それをあたかも私が積極的にどんどん出しますよ、と言っていたかのように書かれているのには納得できません」

佳代さんはA氏に毎月のように生活費などの金銭の要求を続けた。なかでも金額が大きかったのが、圭さんの大学の「入学金、授業料」だ。

'10年9月に圭さんが国際基督教大学に入学するにあたり、佳代さんから「入学金や授業料」という名目で援助を求められ、A氏は'10年11月1日に45万3000円、翌'11年4月14日に40万円を佳代さんの口座に振り込んだ。

文書では〈入学金と授業料についてはすべて私の貯金と奨学金で賄っています〉と主張。

さらに大学に入学したのは'10年9月なので、それ以降に「入学金」を求めるのは辻褄が合わないと、A氏の発言を否定するが、そこにも認識のズレがある。

「私はあくまで佳代さんから『入学金などの学費が払えないから助けてほしい』と聞かされて振り込んだだけです。時期が違うと言われても、確かめる術はありません。

そもそも、小室家という家計に入ってしまえば、すべて同じおカネなわけですから、いまさら『元婚約者から学費の援助は受けていない』と言われても、困惑するばかりです」

'12年1月には、圭さんの留学にあたって、一定の預金残高が必要だと言われ、200万円を振り込んだこともあった。

こうしたおカネが積み重なって「400万円」となった。そうして'12年9月、度重なる金銭要求を負担に感じ、A氏は婚約解消を切り出したのだ。

この婚約解消の話し合いはA氏の自宅で行われたが、その際、圭さんは会話を録音していたと文書で明かしている。

「以前からいつか婚約解消を告げなくてはならないと考えていて、覚悟を決めて切り出しました。

事前に私から『今日は大事な話がある』などと伝えていたわけではなかったので、圭君が録音していたと知り、驚きました」

文書では、この場でこれまで渡してきた金銭についてA氏が「返してもらうつもりはなかった」と発言したことが、鬼の首を取ったように繰り返し強調されている。

催促を控えていた理由

「申し訳ないのですが、10年近く前のことなので、私のほうは細かいやり取りまで記憶に残っていません。

ただ、渡した金銭の話になり、『一度に全額を返してもらわなくてもいい』という趣旨の言葉は言った記憶があります。そういった話の文脈で『(以前ならおカネを)返してもらうつもりはなかった』と言った可能性はあります」

今回の文書に通底しているのは、A氏の佳代さんと圭さんに対する配慮や気遣いが、ことごとく歪曲されていることだ。

文書では、'12年9月のA氏による婚約の「理由も告げられない一方的破棄」によって、佳代さんが精神的なショックを受けたことが幾度となく述べられているが……。

「私が婚約解消を切り出した場で、その理由を答えなかったのは、そこに圭君が同席していたからです。

まだ大学生の彼の前で『あなたのお母さんから、生活費やあなたの学費といった名目で金銭を要求されたことが理由です』とはとても言えません。

彼が『自分のせいなんだ』と大きなショックを受ける可能性があるかもしれないと思った。それで理由を伝えられなかったのです」

発売中の『週刊現代』ではこのほかにも婚約解消後にA氏が小室家側に返済の催促をしなかった理由や、週刊現代の記者に代理人を依頼したことなどにも触れ、A氏の独占インタビューを掲載している。

『週刊現代』2021年4月24日号より