日々の運動不足から、筋力が落ちてゆるんだ体になっていませんか? モデル出身のウォーキングスタイリスト・島田ひろみ先生が、日常生活の中で無理なく美しい体を作る、簡単美ボディストレッチをレクチャーします。

猫背だとメンタルも落ちる? 姿勢を見直して心身の不調を改善

 長引くコロナ禍により、家にこもりがちになっている人も多いはず。

 人と会話する機会が減るとフェイスラインがたるんで来て、運動不足で代謝もダウンして脚がむくんだり、体の不調を感じる人も増えています。

 気分転換も難しく、なんとなく憂鬱な気分が続いているという人は、「姿勢」を見直してみましょう。

「姿勢とメンタルは相互に作用していて、悩んでいたり疲れている時は、自然と背中が丸まって猫背になってしまいます。

 猫背の姿勢は呼吸が浅くなり、代謝も落ちて太りやすく、気分が落ち込みやすくなってしまうことも。つらい時や落ち込んだ時こそ、姿勢美人でいることを心がけると、気持ちも前向きになるでしょう」(島田先生)

 最近はマスクで表情が見えない分、姿勢の美しさも印象を大きく左右します。

 筋トレはつらくてなかなか続かないという人も気軽にトライできて、毎日続けられる「簡単美姿勢ストレッチ」をご紹介します。

これができれば姿勢美人! 基本姿勢と呼吸法をチェック

「姿勢を美しくすることは、自分を大切にすること。姿勢を整えて、心と体をハッピーに保ちましょう」(島田先生)

 まず、「姿勢の整え方」を紹介していきましょう。

腹部を凹ませて引き上げ胸を開き、肩の力を抜いてストーンと落とす。

 足は肩幅に開き、かかと、親指、小指の付け根に同じくらいの体重をかけて立ちます。骨盤は床と垂直になるようにして、下腹をパンチされたようなイメージで凹ませ、3cm上に引き上げる意識で立ちます。

 次に、胸を開いて肩を落とし、両手は体の横に楽に垂らします。

 横から見て、耳、肩、腰、手の中指、膝、くるぶしまで一直線に結べる立ち方が、正しい姿勢になります。

【NG例】背中が丸まって肩が内側に入り、下腹が出ている。

【NG例】肩の高さに左右差があり、重心がどちらかに偏っている。

柱や壁を利用して姿勢を簡単チェック

 次に、柱や壁を利用して姿勢をチェックしてみましょう。 

壁と腰の間に手のひら1.5枚分の隙間を作って立つ。

 柱や壁に背中を付け、腰の部分に手のひら1.5枚分の隙間を作ります。その際、後頭部、肩甲骨、お尻、ふくらはぎが壁に付くように立ちましょう。

 かかとは壁から少し離してもOKです。

 次に、タイトなデニムのファスナーをギュッと締め上げるようなイメージで、お尻の穴を地面に向けて締めます。肩と耳の距離を離すように首を長く伸ばし、顎を軽く引きます。

 正しい姿勢を取れたら、次は呼吸法を覚えましょう。

鼻から3秒息を吸って、腹部と肋骨を広げる。

吸った息を口から7秒かけて吐き出す。

 息を吸う時は鼻から。胸部と背中側の肋骨も広げるイメージで。

 息を吐く時は口から。腹部を凹ませ、肋骨を閉じながらやさしく吐きます。

 お腹まわりや肋骨に手を添えて、空気を抜き切るイメージで行いましょう。

 吸って吐いてを1回として、5〜10回行うと効果的です。

島田ひろみ(しまだ ひろみ)

モデルインストラクター協会認定ウォーキングスタイリスト/モデル。立命館大学産業社会学部卒業。モデルデビュー時に無理なダイエットで身体の調子を崩したのを機に、「カラダとココロの美と健康」について独自に追求を続けている。エステティックの知識や技術、解剖学、ストレッチ、ヨガやピラティス、アロマテラピーや食の栄養面など幅広く見識を持つ。現在は、東京美人プロジェクト(by GLOBAL PRODUCE)メンバー 兼 研修講師としても活躍。

文=田辺千菊(Choki!)
撮影=鈴木七絵