持続化給付金の不正受給をめぐりツイッター上の書き込みに対して警告する中小企業庁の公式アカウント(時事通信フォト)

写真拡大

 嘘をついてお金をとってはいけない、とくにそれが公金ならなおさら、というのは子供でも理解していることで、誰もがうなずく「正しいこと」だろう。ところが、持続化給付金については、なぜか自営業でもフリーランスでもないのに、嘘の確定申告をして給付を受ける人が続出し、人々を困惑させている。給付金を受け取ったものの、それを返還したいがうまくいかない40代派遣社員男性の事情について、ライターの森鷹久氏がレポートする。

【写真】スマートフォンで確定申告できる便利さも給付金不正取得へのハードルを下げた

 * * *
「持続化給付金詐欺」に関わったとして検挙される人々が、全国で相次いでいる。名の知れた大学の野球部員から現役の暴力団員まで、実に様々な人々が詐欺を働いていたという事実に驚くしかない。先日、こうした人々の「軽さ」について書いたのだが、記事を見たという数名の男女から、SNSや知人を通じてコンタクトがあった。全員が「持続化給付金詐欺」に関与しており、平たく言えば「逮捕されない為には何をすべきか」という、虫の良い相談が飛んでくるばかり。正直うんざりしていたが、一人気になる人物がいた。

「詐欺だなんて全く思いません、友達もみんなやったんです。みんな……いや、周囲の5人、最終的にやったのは僕と……もう1人。これは被害ですよ」

 都内のファミリーレストランに現れたのは、南関東在住の派遣社員・中間光助さん(仮名・40代)。彼と会うことを決めたのは、彼は確かに犯罪に手を染めていたものの、また新たな「詐欺」に巻き込まれている可能性が高く、確認を取りたかったためである。

 その前に、中間さんがいかにして詐欺を働くに至ったか、その背景を説明したい。

 とある派遣会社に所属し、日中は大手運送会社の物流倉庫で働いている中間さん。時給は1100円、休憩時間の1時間を除けば一日7時間の労働で日給7700円、週5日勤務で、月に15万円強の収入を得ている。四十男として心許ない収入額であることは本人も承知をしており、日々、ネット上で見つけた「ビジネス」や儲け話に乗っかってみては、大した収入も得られないだけでなく、出費ばかりがかさんでゆくという悪循環に陥っていた。

 しかし、金への執着は人一倍あるようで、マルチまがい商法やねずみ講、情報商材売買など「儲かる」と聞けばすぐに飛びついたようだが、なぜか本職の仕事はいつもおざなりだった。ファミレスでは、着席したものの一向にメニューを見ようともせず、筆者が「ご馳走する」というまでオーダーをしなかったことからも、何かを察するしかなかった。

 そんな「副業」繋がりで知り合った「ライフスタイルコンサルタント」を名乗るX氏が、中間さんに「給付金」の話を持ちかけてきたのは今年5月頃だった。中間さんがやっている副業も立派な「フリーランス」なのだ、そう言われたという。

「Xさんには、以前情報商材ビジネスでお世話になりました。残念ながら儲けにはならなかったけど、今もいろんな相談に乗ってもらう人。Xさんは、僕がいろんなビジネスやってるのを知ってるし、あなたはフリーランスなんだから給付金受け取れる、もったいないよと言われました」

 中間さんはすぐX氏に会い、書類を受け取った。それは確定申告の申請に必要なもので、その場でX氏が指示する通りに欄を埋めていったという。

「去年の収入がいくらで……みたいな。まあ、これは参考までに書くだけだからということで、何百万とか書いたような気がします。実際、去年の春頃は転売ビジネスをやっていて、うまくいけば何十万かは儲かっていたはずなんですよね。商品が売れずに、初期投資費用が消えただけでしたけど。今年はそのチャンスもなかったわけで、その分のマイナスってことで。書類は、X氏がいう東京の会計事務所みたいなところに送りました」(中間さん)

 それから1ヶ月もしないうちに、中間さんの口座に現金100万円が振り込まれたが、同時に、X氏から「請求書」も届いていた。

「紹介料として30万円、会計事務所への確定申告費用に30万、計60万円です。高いとは思いましたが、40万は手に入るし、それでいいと思いました」

 コロナの影響で仕事も収入も減っていた中間さん、久々に手にした高額の現金は、それまで行くにいけなかった外食や飲酒代、そして2ヶ月分溜まっていた家賃を支払えば、半分が消えた。残金は「貯蓄」とし、コロナを理由に仕事がないとふて腐れてばかりはいられない、そろそろ本格的に働きに出なければ、そう思っていた矢先に、給付金詐欺に関する報道をネットで見たのである。

「X氏に電話しても、書類を書いたのはあなただし、嘘をつけなんて一言も言っていないと。じゃあ、お金を返してというと、それはダメだって。会計事務所も、返金は無理の一点張り。ハメられた、って感じですよね」

 その後「自主的に返還すれば、加算金などのペナルティは課されない」と中小企業庁が発表。中小企業庁としては「書き損じなど本当のミス」があった人からの返金が相次いだための処置だったようだが、嘘をついて受け取ったので返したいという申し出が相次ぎ、テレビや新聞で報道された。もちろん、中間さんも返還したい気持ちはあるが、入金100万円のうち、すでに80万円以上が手元から消えている。仕事はしているものの、週に3度ほどシフトに入れれば御の字という状況、貯蓄に回そうとしていた20万円を返せば、生活が破綻すると訴える。

「相談窓口に電話し、分割で返却したいといったんですけどね、無理でした。私も被害者なのに、どうしてって感じですよね。僕と同じようにX氏から騙された人が他にもいるんで、みんなで警察にも言いましたよ、でもやっぱりダメでね。警察も役所も、貧乏人とか、被害者には冷たいんですよ」

 自身が嘘をついた、という部分は、中間さんの中ですでに無かった事になっているのかもしれない。それくらい、自身の行動に後悔も反省も全く見せないのである。ちなみに、詐取した給付金を、中小企業庁が調査する前に返還していれば「お咎めなし」という訳ではない。中小企業庁が「誰彼から返還を受けた」と警察に報告をすることもないが、受け取った時点で詐欺罪はすでに成立しているため、すでに司法当局が捜査に乗り出している可能性も当然否定はできない。その事を告げると、中間さんは伏し目がちに筆者にこう言ってのけた。

「だからその、僕の事を被害者だってちゃんと取材して書いてくださいよ。取材に協力しているんですから、そこはギブアンドテイクという事で」

 後日、そうした意向には応じられない旨をメールすると、中間さんは筆者の電話に出ることはなくなり、繋がっていたSNSもフォローを外された。そして数日経ったある日、中間さんがSNS上で「給付金詐欺被害者の救済」を名乗るアカウントと接触していることに気づいた。

 給付金詐欺を働いた人こそが被害者である、とするこのアカウントは、中間さんのような境遇のユーザーの書き込みにいいねや返信をしているようだった。ただし、このアカウントのアーカイブやキャッシュデータを見る限り、SNSを使ったヤミ金業者である疑いが強いものだった。もっとも、現在はそうした投稿は全て削除され、アカウント名もアイコンも全て変えられていたため、よく調べない人にとっては無害な存在にみえているかもしれない。だが実際には、給付金詐欺被害者の救済と銘打ち、法外な利息で中間さんのように返還が難しい人々に金を貸し付ける目的があると思われる。危険だと判断し、中間さんにはSNSを通じて再度忠告をしておいたが、今も返信はない。

「持続化給付金詐欺」は、落ち着いて思考せず、貧困や失業などで通常の判断力が欠けている人々を利用した税金の詐取であることがすでに明白になっている。それでも返還に奔走しようという人や、逮捕されるかもしれないと怯える人々までしつこく狙って最後まで「しゃぶり尽くそう」という勢力もすでに登場している。