ANA、通期5300億円の赤字 コロナ禍で需要回復見込めず、過去最大

ざっくり言うと

  • ANAホールディングスの2021年3月期の連結純損益見通しが21日、分かった
  • 通期で過去最大の、5300億円前後の赤字となることを見込んでいる
  • 新型コロナの感染拡大で国際線を中心に需要の大幅な回復は難しいと判断した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x