画像はイメージ

写真拡大

 都内某所の公園周辺。夕方になると年端もいかない少女や20代前半の女性たちが次々とやってきては所在なさそうに座り込んでいます。そして彼女たちを物色するような目つきで眺める男性たち……。ここは個人売春の取引が行われるスポットになっているのです。

 なぜ、彼女たちは安全の確保された風俗ではなく、個人で取引をしているのでしょうか?かつて、路上に出てセックスなしで飲食や宿泊を提供する男性を待つ家出少女たちを「神待ち少女」と呼びましたが、「神待ち」スタイルは20代前半にも浸透しつつあるようです。街頭に立ち、自ら客と取引をして性的サービスを提供する彩さん(仮名・20代前半)にお話を聞きました。

◆お金がなくなったら稼ぎに来る

――普段はいくらぐらいで取引しているのでしょうか?

彩さん:手コキかフェラだけなので、大体5000円です。ホテル代込みで7800円〜1万円の感覚かな。私はいつも相手の予算に合わせるタイプ。いくらって言われて納得いけば取引成立、納得いかなければ断る。一番たくさんくれた人で2万だった人もいます。

――2万円の人はどんな人だったのでしょうか?

彩さん:30代前半ぐらいの人で8000円欲しいって言ったら、ホテルで1万円札出されて、「おつりだそうか」と言ったらいいよと言われました。追加で5000円あげるって言われて、また1万円出された。(行為が)終わって、俺先帰るよ、と言われて。30分経ってないぐらい。めちゃくちゃ早かった。

――今日は何時から来ましたか?

彩さん:17時30分からかな。

――普段はどうしてるんですか?

彩さん:今日は早く来たけど、いつもは22時過ぎぐらいからかな…。それで1人か2人。あんまり早い時間帯だと警察に捕まるから。遅くても終電で実家に帰るかな。

 まず、ホテルに入ってお金もらって、ドアは開けっ放しでシャワーを浴びてもらうの。いなくなっちゃったりする不安を持って欲しくなくて。

――女の子たちは、お客さんとホテルに行ってもすぐまた戻って来ますよね。

彩さん:そうなの。1時間ぐらいホテルに行ってまた戻ってきて、また別のお客さんとホテルに行く感じ。

――1日の売り上げ目標はあるのでしょうか?

彩さん:あるよ。今日は1万円稼げたらいいと思って来た。2万円稼げたら飲んで帰ろうかと。

――今日はいくら稼ぎましたか?

彩さん:4万ぐらいかな。

――結構飲めますね(笑)

彩さん:そうだね。でも、無駄遣いはしないよ。月末に携帯代があるもん。課金してるから。

――課金ってゲームですか?

彩さん:ゲームは課金しない。そうじゃなくて買い物。携帯料金で払うために課金しちゃったから。コンビニで先に使っちゃってて、月末に請求が来るの。クレジットカードと同じシステム。同じようにビジネスホテルに泊まった時にお金なくて、携帯で払ったの。で、また別の物が欲しくてまた携帯で払っちゃった。今月はそれでもう2万円超えてるから…。

――また稼がないといけないですね…。ひと月あたりのお客さんの人数は何人ぐらいでどれぐらい稼いでいるのでしょうか?

彩さん:その日の気分でここに来ているのでまちまかな。前はホテル暮らしをして毎日稼いでだけど、今は実家通いだから「お金がなくなったら来る」って感じです。

◆ほとんどの客はサラリーマン

――お金は何に使うのでしょうか?

彩さん:特に決まってない。お金ないな、と思ったらいつも来るから。「これのために使う」みたいなのはないの。今日は来る時1000円しかなかったの。だから稼げなかったら帰りの交通費がなかった。

――稼げなかったらどうするつもりだったの?

彩さん:常連さんに「お願い、2000円ちょうだい!」って頼むか、車で来ている人に家まで送ってもらおうかと思った。