◆新潟2歳Sの「穴馬」はこちら>>

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第13回:ルペルカーリア

 今年の2歳馬の中で、注目度の高さでは1、2を争う良血馬がついに入厩。デビューに向けて、少しずつピッチを上げて調整されている。

 栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するルペルカーリア(牡2歳/父モーリス)である。


GI戦線で活躍した兄たちと同様の活躍が期待されるルペルカーリア

 同馬の母は、2005年にGIオークス(東京・芝2400m)、さらに海外GIのアメリカンオークス(アメリカ・芝2000m)と、"日米オークス制覇"という快挙を成し遂げたシーザリオ。競馬史にその名を刻む、名牝の一頭だ。

 しかも、彼女は繁殖牝馬となってからも、大きな成功を収めている。

 2010年に生んだエピファネイア(牡/父シンボリクリスエス)は、GI皐月賞(中山・芝2000m)とGI日本ダービー(東京・芝2400m)では惜しくも2着に終わったものの、GI菊花賞(京都・芝3000m)で5馬身差の大勝。牡馬クラシック最後の一冠を手にした。

 古馬になってからも、GIジャパンC(東京・芝2400m)で戴冠。同レースの勝ちっぷりも強烈だった。当時『ロンジンワールドベストレースホースランキング』で1位となったジャスタウェイをはじめ、ジェンティルドンナ、ハープスター、スピルバーグ、イスラボニータ、フェノーメノら豪華メンバー相手に、4馬身差をつける圧勝劇を演じた。

 2013年に生んだリオンディーズ(牡/父キングカメハメハ)も、デビュー前から脚光を浴びてGI馬となった。デビュー戦を快勝すると、2戦目で挑んだGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)で優勝。4コーナー15番手から、上がり33秒3の末脚を繰り出して、ライバルたちを一蹴した。

 そして、記憶に新しいのは、2016年に生んだサートゥルナーリア(牡4歳/父ロードカナロア)だ。「大物」という前評判どおり、デビュー戦から連勝街道を邁進。2歳GIのホープフルS(中山・芝2000m)を無傷の3連勝で制した。

 さらにその後、ホープフルSからぶっつけで挑んだ牡馬クラシック初戦のGI皐月賞も勝利。2つ目のタイトルを獲得した。以降、GIでの勝ち星はないものの、その能力の高さからして、今後も栄冠を積み重ねていく可能性が大いになる。

 シーザリオは、これだけの活躍馬を出しているのである。ルペルカーリアが早くから注目され、多くのファンが期待するのも当然だろう。

 そんなルペルカーリアは現在、どんな状況にあるのか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「まだ入厩して日が浅いのですが、友道調教師はデビューの時期について『9月27日か、10月3日の2歳新馬(中京・芝2000m)あたりを予定している』と言及。兄たちは気が強いタイプばかりでしたが、『(ルペルカーリアは)おっとりしていて、距離が持ちそう』とも話していました」

 現在の馬体重は「おそらく500kgほどある」とのことで、これから本格的に追い切りを重ねていくそうだ。

 また、別のスタッフからは、現時点でも相当前向きな評価が聞かれたという。トラックマンが続ける。

「あるスタッフにルペルカーリアについて聞くと、『いい馬です』と即答。『スピードがありそうで、背中の感触がとてもいい』と言っていました。加えて、『能力はありそう。気性も今のところは素直』と、かなりの手応えを感じている口ぶりでした」 現役時代はもちろん、繁殖牝馬となってからも、すばらしい活躍を見せているシーザリオ。またも新たなスターを世に送り出すのか。ルペルカーリアの初陣に注目である。