豊田真由子氏

写真拡大

 元衆議院議員の豊田真由子氏(45)が13日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月〜金曜後1・45)に出演。東京都の新型コロナウイルスの感染者数が連日200人を超える中、政府が観光産業などを支援する「Go To キャンペーン」事業の一部を7月22日から開始することに言及した。

 赤羽一嘉国土交通相は10日の記者会見で、「旅行業界などから夏休みが始まるまでにキャンペーンを始めてほしいという強い要望が寄せられ、時期を大幅に前倒しすることにした」と、8月上旬だった観光分野の割引開始予定を前倒しすることを表明した。

 豊田氏は、東京都の新型コロナウイルスの感染者数が増える中での「Go To キャンペーン」前倒しに「大人の事情があるんだと思うんですけど、純粋に考えたら、ここはどうやって感染の拡大を防ぎつつ、社会経済活動を両立させていくかっていうバランスを見た時に、劇場クラスターなんかもそこから何を学んで次に生かしていけるかってことだと思います。そういう意味で、今度のGo To キャンペーンも数字をとると怖いから行かないという方が6、7割いるってことなので時期尚早じゃないかなって私も思います」と話した。