球界再復帰への一歩を踏み出した。元プロ野球選手の清原和博氏が「ワールドトライアウト2019」の監督として再び始動している。

 2016年2月に覚せい剤取締り法違反容疑で逮捕され、懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けている元スーパースターは今、ゆっくりとしたペースでありながらも段々と陽の当たる世界へと舞い戻りつつある。しかし完全復活を世間に証明するまでには、かなりのイバラ道となりそうな気配だ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「清原監督」実現の裏事情

 このイベントは日本プロ野球の球団を戦力外になった選手や、高校・大学・社会人のアマチュア選手、独立リーグ所属の選手、そしてメジャーリーグ傘下のマイナー契約でくすぶっている選手らが試合形式の真剣勝負でアピールし、監督の清原氏によって審査される内容となっている。ここで優秀選手に選ばれれば、大会運営側から米メジャー傘下のマイナーリーグ挑戦がサポートされることになっているという。イベント当日はプロ野球、メジャーリーグのスカウトたちが「視察予定」とアナウンスされていることから目に留まった選手はもしかしたら契約の道が開けるかもしれない。

 確かにうまくいけば、これまでNPB主催で仕切られるように行われてきた12球団合同トライアウトに一石を投じるはずだ。ただ、7日に神奈川・保土ヶ谷球場で開催された「ワールドトライアウト2019」の予選会にはプロスカウトの姿が確認できなかったとの報道もある。30日に神宮球場で行われる本戦にはスカウトたちが多数来場するかもしれないが、編成業務に携わる球界関係者からは「いまひとつ方向性がはっきりしない」との声が上がっているのも事実だ。その当人が次のようにも続ける。

「どうして清原氏がこのイベントで監督を務めることになったのか。よく分からない人は多いと思う。そもそも清原氏は執行猶予中の身分。わざわざ白羽の矢を立てたのは普通に考えたとしても不可解だ。純粋なトライアウトだけの目的ならば、他にも審査する側に適したプロの大物OBは大勢いる。そこをあえて清原氏に『監督』という肩書まで与えてこのイベントに担ぎ出したのは、おそらくウラがあるからでしょう」

 その見立ては基本的に間違っていないようだ。「清原監督」になれば同イベントでは必然的に清原氏の存在がクローズアップされる。実際にこの「ワールドトライアウト2019」で主役は明らかに監督の清原氏だ。監督就任発表から7日の予選まで各メディアの扱い方を見ても「清原監督のイベント」というトーンで報じられており、一目瞭然である。

2014年1月、映画のイベントで俳優のクリス・ヘムズワースと並んで登壇した清原和博氏(写真:Motoo Naka/アフロ)


 これは大会運営サイドからすれば、実を言うと狙い通りであろう。何よりも同イベントで監督に就任し、プロ野球界の後進発掘と育成に携わることができれば、清原氏に対する世間のイメージは多少なりとも回復の兆しを見せていくはずとニラんでいるからだ。

「残念だが、清原氏の印象は良くなっていない。つい1カ月ほど前の出来事として耳にしたのだが、一時、清原氏には逮捕後初の民放局出演が内定しかけていたものの番組スポンサーから難色を示されたことで白紙に戻されてしまったとの情報も球界内で飛び交っている。どうやら強力な芸能事務所の援軍も陰で付いているらしく、まず清原氏には今回のイベントで『監督』を務めさせることによって世間にもう一度、彼のクリーンなイメージを世間に何とかして植え付けさせたいようだ」(前出の関係者)

間が悪かった田代まさしの逮捕

 どうしても清原氏が色眼鏡で見られがちになってしまう理由は他にもある。今月6日、タレント・田代まさし容疑者が覚醒剤取締法違反で逮捕されたことだ。覚せい剤がらみで再犯を繰り返し、5度目の逮捕となった田代容疑者には心底呆れる他にないが、やはり常習者がなかなか負のスパイラルから抜け出せなくなってしまうことを図らずも証明してしまった。

 薬物依存症から脱却するための適切な治療プログラムを受けていながら清原氏は今後、田代容疑者の逮捕による猊評被害瓩箸眄錣辰討いなければならなくなった。現段階では完全な爐箸个辰舛雖瓩噺世┐襦「元使用者」であることから、このようにさまざまなマイナス要素とも直面していかなければならないのは宿命とはいえ、かなりのネックだ。

 ちなみに最近の清原氏は薬物依存症の後遺症でうつ病を患っていることまで告白している。かなり身も心もボロボロになっているようだが、もう二度と足を踏み外すことなく何とか乗り越えてほしい。7日の同イベント予選会に姿を見せた清原は紺のスーツにネクタイを締め、参加選手に対しても熱い言葉とともにエールも送った。担ぎ上げられた「監督」のポジションについてはどうしても強い違和感が残るが、ここはひとつ開き直って堂々と同イベントを成功させてほしいと切に願う。

筆者:臼北 信行