動画には、正殿から火が噴き出す様子が近くで映されている=ツイッターから

写真拡大

 首里城(那覇市)の正殿などが激しく焼ける様子を、至近距離から撮影した動画がネット上に出回っていた問題で、動画を撮影したのは那覇市消防局職員だった。

 市消防局が6日、明らかにした。ネット上で、誰が撮影したのかと話題になっていた。

 消防局によると、現場にいた職員が、現場状況の記録などのため携帯電話で撮影し、「LINE」で管理職や別の隊員計約35人と共有した。隊員らに聞き取りをしたが、ネット上にアップされた経緯は不明という。

 島袋弘樹局長は、現場での写真、動画撮影は通常任務だとして「消火活動に一切の支障は生じていない」と説明。一方で「本来は(ネットに)漏れるべきではなかった。大変、反省すべきだと思っている」と話した。

 動画は15秒ほど。正殿、南殿、北殿から火が激しく噴き上がる様子が映っている。