ドアン・ティ・フォン氏

写真拡大

加藤浩次がMCを務める『追跡ドキュメントバラエティ シンジジツ』(フジテレビ系)が9月22日(日)21時から放送。番組はこのほど2年前、世界を騒がせた「金正男暗殺事件」の実行犯ドアン・ティ・フォン氏に接触。世界初のインタビューに成功した。

本人の告白と再現ドラマVTRで、“そう思い込んでいたこと”や“注目・話題の現象”を取材し、「シンジジツ」(新事実・真事実・深事実・心事実)をわかりやすく紹介していく。

今回番組では3つの「シンジジツ」を紹介するが、その中の1つが「金正男を殺した女」だ。今年5月、金正男暗殺実行役のベトナム人、ドアン・ティ・フォン元受刑者が傷害罪となり釈放された。2年前、世界を騒がせた「金正男暗殺事件」は、事件後、すぐに若い女性2人が実行犯として捕らえられたが、その後「いたずら動画の撮影だと言われた」という、にわかには信じられない発言がニュースで報じられた。暗殺計画の要となるはずの実行犯が、一般人、しかも若い女性2人だった。そんなことが実際に起こり得るのか? いろいろな臆測を呼んだが、真実は闇に包まれた。

番組では、ドアン・ティ・フォン氏本人の告白に加え、再現VTR、そして実際の彼女のスマートフォンに残された画像から事件を詳細に伝える。また、暗殺を実行した北朝鮮テロ専門機関の幹部の話から金正男暗殺計画全体の真相に迫る。最初の接触から、計画の変更、直前・直後の状況など、衝撃の「シンジジツ」が世界で初めて明らかになる。国に関係なく、どこにでもいる若い女性が一転、北朝鮮の暗殺実行役になってしまう……。私たちの生活のすぐそばに忍び寄ってくる、人生を狂わせる危機とは?

MCを務める加藤のコメントを以下に、紹介する。

――特に印象に残った「シンジジツ」は?

金正男暗殺実行犯の初告白ですね。今までニュースでは聞いていたけれど、重責を担う実行犯が“どっきり番組”と言われて、実際に人を殺せるほどコントロールされていくなんて“本当かよ”と思っていました。けれど、今回、改めて本人の口から聞き、再現VTRをみることで、理解と合点がいきました。

――今回、本人が自身の言葉で初告白していますが、その勇気をどう思われますか。

自分が実際その立場になった時に、勇気をもって告白できるのかと考えると、どうしても失うものを多く考えてしまうと思います。でも、僕は、正直に勇気をもって告白することは、世の中にとって必要なことだと思うので、そういう人が増えて欲しいと思います。

――最近みつけた「シンジジツ」は?

子供の頃はなかったのに、年を取ってくると経験を積み、ある程度先入観を持ってしまうようになる部分があります。そういう先入観を持たずに人に接し、世の中の事象をしっかりとらえる人間にならなくてはいけない……と実感したことが、最近見つけた“シンジジツ”でしょうか。