(左から)近藤春菜、よしこ、いとうあさこ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

「嵐だけで持つのか……」

ジャニー氏の病状を語ったのが櫻井ではなく松潤だったワケ

 最近「24時間テレビ」を心配し、こんな言葉が業界内で囁かれている。2020年で休止する嵐がメインパーソナリティーに就任したことが最大の目玉だが、それ以外が話題に上らないというのだ。

 毎年、最高視聴率を獲得するチャリティーマラソンは、4人のリレー形式に変更。いとうあさこ(49)、ガンバレルーヤのよしこ(28)、ハリセンボンの近藤春菜(36)の3人が決定し、当初は各人がフルマラソンを走ると発表したものの、猛暑を考慮し、よしこと春菜は32.195キロに変更。当日発表される“最後の1人”には木村佳乃(43)が濃厚。対抗馬の名は挙がらずほぼ確定とも。

「2人は運動不足、減量間に合わずでほぼドクターストップに近い。下手すると日テレがコンプライアンスを問われると判断したのでしょう。裏を返せばそのくらいタレントがいないんですよ。木村佳乃は『世界の果てまでイッテQ!』の貢献度と夫・東山紀之(52)との初ツーショットで視聴率狙いが見え見えだともっぱらです」(放送関係者)

■「視聴者も茶番と気が付いた」

 ネット上ではジャニーズの若手が出演する「ジャニー喜多川追悼メドレー」のほうが話題なのも残念な話だ。芸能文化評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「2011年の東日本大震災を機に、テレビのボランティア番組が茶番だと視聴者が気づいてしまった。震災で本当に必要なことは何か、ボランティアは自主的にできることも皆が知り、今や“奉仕ビジネス”は欺瞞でしかない。マラソンも、タレントを走らせれば苦しい表情はとれるし、頑張っているように見えますが、単なるお笑い番組の延長。時代錯誤だと気づくべきでしょう」

 会場も日本武道館から両国国技館へと規模を縮小。嵐も活動期間がまだ1年半もあり、プレミア感にも欠ける。“やめ時”を逸して走り続ける姿は気の毒と言うしかない。