バングラ南東部を豪雨が襲い、難民キャンプに住むロヒンギャの窮状に拍車をかけている/Salman Saeed

バングラデシュ・コックスバザール(CNN)バングラデシュ南東部がモンスーンの豪雨に見舞われ、ミャンマーから避難してきたロヒンギャ難民のキャンプで大規模な洪水の被害が出ている。

竹と防水シートでできた小屋に6人で暮らしていた一家は、近くの学校に避難したが、この洪水で所持品のほとんどを失った。

「私たちの所持品は(全部)奪われた」「だから真っ暗闇で暮らさなければならない。照明と充電器もなくなった」と妻は肩を落とす。

冷蔵庫やコンロは大雨で壊れ、調理もできなくなった。「子どもたちに食べさせるものがない。洪水で外へ出られないので、子どもたちが水を飲むこともできない」と夫は言う。

子どもたちは大規模な洪水に見舞われる以前から具合が悪く、栄養も不十分だった。妻は「子どもたちが熱を出して苦しんでいるのに、私たちには薬がない」と訴えている。

一家が住むコックスバザールの難民キャンプには、ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャの約100万人が身を寄せている。ほとんどは、2017年に起きたミャンマー軍との衝突を逃れてここへたどり着いた。

コックスバザールを襲ったモンスーンの洪水は、難民たちを一層の窮状へと追い込んでいる。

キャンプの周辺で起きた土砂崩れのために、仮設の住宅数百棟が倒壊。約4000世帯が被災して、多くは避難所に移動した。

ユニセフによると、男の子2人が洪水のために溺れて死亡、ほかにも子ども数人が負傷した。

支援団体によれば、キャンプで暮らす約6万人の子どもたちは、数百カ所の学習拠点が閉鎖されたために学校へ行くことができなくなった。道路や医療拠点、支援物資の配送拠点にも被害が出ている。

支援団体は難民支援活動や、水が原因となる疾患の拡大防止に力を入れている。

バングラデシュの外務相高官は、「国連と連携した不測の事態に対する備えは万全」だったと強調し、ハシナ首相は常にロヒンギャに特別の配慮をしていると言い添えた。

潘基文(パンギムン)前国連事務総長は首都ダッカで地球変動に関する会議に出席した後、10日にヘリコプターで上空から難民キャプの被害状況を視察した。

当面、今回の洪水に伴う最悪の事態は過ぎ去ったものの、来週には再び大雨が予想されており、モンスーンの季節は10月まで続く。