無断駐車の男性に約920万円の賠償命令 コンビニ店の経営者が勝訴

ざっくり言うと

  • コンビニ店経営者が、長期で無断駐車した男性に損害賠償を求めていた訴訟
  • 大阪地裁は26日、経営者側の主張を認め、男性に約920万円の支払いを命じた
  • 男性は2013年から15年にかけ、2台の車を無断で駐車していたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x