記録か、勝利か(時事通信フォト)

写真拡大

 実力が全てなのがプロの世界……のはずだが、そこに“記録”が絡むと、問題は厄介になる。故・衣笠祥雄氏に次ぎ、連続試合出場で歴代2位の記録を継続中の阪神・鳥谷敬(36)。起用するか否かを決めるのは、同歴代3位の金本知憲監督だ。

 同じチームで、同じ記録を追った立場であったことは、どう影響するのか。虎ファンの目下の最大関心事だが、阪神監督OBをはじめ、重鎮たちの意見も大きく割れた。

「鳥谷は実力でレギュラーを奪われたわけやないからな。金本監督の起用法は“なんでや”と思うわ」

 そう語るのは、2005年に現役時代の金本と鳥谷を擁してリーグ優勝を果たした、阪神第30代監督(2004〜2008年)の岡田彰布氏だ。

 鳥谷の連続試合出場は、衣笠祥雄氏の日本記録(2215試合)まで300試合を切る。しかし、今季の鳥谷は打率.149に低迷(数字は5月23日終了時点、以下同)。阪神打線がチーム打率.225、128得点と、2部門で12球団最下位に沈むなか、金本監督が鳥谷を“切る”可能性が取り沙汰されている。

 ただ、前出・岡田氏は「試合で使わないから鳥谷の調子が悪くなった」と、起用法に疑義を呈する。

「今季の開幕戦は、鳥谷を『2番・セカンド』でスタメン起用し、巨人のエース・菅野(智之、28)相手に先発全員安打で勝利する最高のスタートを切った。それなのに、第2戦の先発が左腕の田口(麗斗、22)というだけで、鳥谷を外して右打者の上本(博紀、31)を起用した。その後も鳥谷、上本、西岡(剛、33)らを入れ替えで使っている。

 本来、開幕スタメンはベストメンバーであるべき。それを2戦目から相手投手の左右だけで入れ替えるなんて聞いたことがない。これでは、金本監督が“鳥谷を使いたくない”と言っているように見えるわな」

 少なからぬ虎ファンは同じ気持ちなのかもしれない。5月18日の中日戦、2対1で迎えた9回表のことだった。

「先頭打者が四球で出塁し、無死一塁で迎えたピッチャーの打順に代打・鳥谷が送られ、通算出場2011試合の球団記録を塗り替えた。しかし、ベンチのサインは送りバント。1点でも追加点がほしい場面とはいえ、続く1番・俊介(30)は打率1割台。阪神ファンからは金本監督へのブーイングが出た」(阪神番記者)

 その2日後、10試合ぶりに「7番・セカンド」で先発した鳥谷は3打数無安打に終わり、加えて1失策を記録。試合後、連続試合出場について尋ねられた金本監督は、「本人と話さないといけないだろうし、ヘッド(コーチ)とは話をしている」と、記録終焉の“Xデー”が決して遠くないことを匂わせたのだ。

◆伝統球団ゆえの“因縁”

 簡単な決断ではないが、阪神歴代監督はどう見るか。

「金本監督も鳥谷に気を遣わないかんから大変やな」と話すのは、第22代監督(1982〜1984年)の安藤統男氏だ。安藤氏は、1983年入団のバースを辛抱強く主砲に据え続け、監督を退いた翌1985年の日本一の“陰の功労者”といわれる。

「当時も記録がかかる選手がいたから監督は大変だったよ。僕の場合は、バースと同じファーストに、阪神球団初の2000本安打達成がかかる晩年の藤田平がいた。2人をうまく併用しなきゃいけなかった。安打記録なら試合に出ない日もあっていいが、鳥谷は必ず出さないといけないからね。

 鳥谷の体力が衰えたようには見えないが、今の状態でレギュラーに固定するのは冒険だわな。僕が監督だったら、やっぱり守備か代打要員で使うだろうね」

“記録がかかった大変な選手”の側で名前が挙がった藤田平氏は、阪神生え抜きで最多の2064安打を達成し、引退後に第26代監督(1995〜1996年)を務めた。その藤田氏は、「僕なら鳥谷をサードに戻します」と真っ向から反論する。

「鳥谷は昨年、ショートに北條(史也、23)が台頭してきたという理由でコンバートされたサードで、ゴールデングラブ賞を受賞した。それが、今年からはセカンドに回された。僕だったらそんなコロコロとは変えない。さらに、金本監督はキャンプで“代打でやってほしい”ではなく、“セカンドでやってほしい”と言っている。それならレギュラーにしないと筋が通らない。鳥谷は現在2025安打で、僕の2064安打を抜きたいだろうし、“出続ければサードの大山(悠輔、23)よりオレのほうが打つ”と思っているでしょうね」

 阪神OBで楽天の初代監督を務めた田尾安志氏も、藤田氏に賛同する。

「鳥谷をセカンドにコンバートしたのは、サードで2年目の大山を育てたいという金本監督の考えがあったから。昨年の大山は75試合で打率.237と実績があるわけでなく、今季も打率.167。Bクラスでもいいから若手を起用するというならまだしも、今季の阪神は優勝を目指すチーム。実力でポジションを奪うかたちでなかった大山のサード抜擢は間違いだったと思う」

※週刊ポスト2018年6月8日号