インテル、新たなSBのターゲットはコエントラォン?ほか

写真拡大

8月10日、『Corriere dello Sport』は「イタリア・セリエAのインテルは、レアル・マドリーのポルトガル代表DFファビオ・コエントラォンの獲得を検討している」と報じた。

今夏ロベルト・マンチーニ監督の指揮の下で大型補強を敢行しているインテル。その中でまだうまく進んでいないのがサイドバックの補強だと言われている。

長友佑都、フアン・ジェズス、そしてドドについては既に放出要員だと言われているが、その代役となる選手を獲得することが出来ていない。

これまでニコラ・マクシモヴィッチ(トリノ)、シメ・ヴルサリコ(サッスオーロ)、ドメニコ・クリッシート(ゼニト・サンクトペテルブルク)、ガエル・クリシ(マンチェスター・シティ)などと接触してきたと言われているが、これらはかなり困難になっているという。

しかしロベルト・マンチーニ監督はクラブとの階段の中で「ワールドクラスのサイドバックが必要だ」と首脳陣に伝え、更なる補強を求めたとのこと。

これによって浮上したのがレアル・マドリーのポルトガル代表DFファビオ・コエントラォンであるという。

ブラジル代表DFマルセロのサブという立場であり負傷も抱えているためレアル・マドリーでは絶対的な存在ではない。インテルはそれを狙ってローンで獲得出来ないかと考えているとのことだ。

とはいえ、コエントラォンには今夏ローマが接触したと言われており、その際にはレアル・マドリー側が放出の可能性はないと断っている。インテルが接近したとしてもかなり難しいものになることは簡単に予想できる。

・『Sky』は「スイス代表ジェルダン・シャキリは、イングランド・プレミアリーグのストーク・シテイ入団に向けたメディカルチェックを通過した」と報じた。移籍金は1700万ユーロ(およそ23.1億円)になると予測されている。

・『Calciomercato』は「ユヴェントスは、コロンビア代表MFフレディ・グアリンの獲得に興味を示している」と報じた。ただアル・イティハドからの1200万ユーロ(およそ16.3億円)のオファーが断られているという。

・『Gazzetta dello Sport』は「インテルは、ラツィオのFWケイタ・バルデ・ディアオの獲得に近づいている」と報じた。価格は1500万ユーロ(およそ20.4億円)であると報じられている。

・『Corriere dello Sport』は「ローマは、アレッシオ・ロマニョーリの後釜にインテルのアンドレア・ラノッキアを狙っている」と報じている。

・『Sky』は「エンポリは、ナポリに放出したエルセイド・ヒサイの後釜に、インテルのDFクリスティアーノ・ビラーギを狙っている」と報じた。

・『Sky』は「ジェノアのプレツィオージ会長は、ディエゴ・ペロッティの移籍交渉は10日以降もう受け付けないと話した」と報じた。長友が交換要員として出されるという話もあった。

・『Gazzetta dello Sport』は「サフィル・タイデル、エセキエル・スケロットの2名は、ボローニャに貸し出される可能性がある」と報じた。

・多くのクラブから興味を集めているダニーロ・ダンブロージオに対しては、シャルケ04が接近していると『Sky』が報じている。ただしインテルは800万ユーロ(およそ10.9億円)を譲らず、シャルケは400万ユーロ(およそ5.4億円)+ボーナス200万ユーロ(およそ2.7億円)を提示。