北朝鮮の李容浩外相と面会したロシアメディアの幹部が、13日、NNNの取材に応じ、李外相が制裁を受けても、核・ミサイル開発を続けるという強い姿勢を示していたことを明らかにした。ロシアのタス通信の代表団は、9日から12日まで北朝鮮の国営メディアの招待で平壌を訪問し、李容浩外相と面会した。代表団のグスマン第1副社長は13日、NNNの取材に応じ、李外相は、制裁を受けても、核・ミサイル計画を続けるとい