江角マキコ

写真拡大

5日放送の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)で、小学生の美容事情にスタジオが騒然とした。

同番組では、7月22日7月29日の放送で、イマドキ小学生の恋愛事情を取り上げていたが、この日の放送では、「徹底調査!オトナ達の知らないイマドキ女子小学生〜美容編〜」と題し、小学生のファッションやメイク、さらにはキッズ脱毛について取り上げた。

イマドキ女子小学生の79%はメイクをした事があると答える調査結果を紹介、その後スタジオには3人の小学生、ひなちゃん(小5)、ゆうあちゃん(小6)、らんちゃん(小6)が登場。

彼女たちの派手なファッションやメイクにスタジオは騒然。司会のEXILE ・TAKAHIROは「凄いですね、ちょっと言葉を失いますけど」と呆然とした様子で語った。

そんな強烈なインパクトの小学生たちに小籔千豊はまず、ひなちゃんとゆうあちゃんに将来何になりたいのか尋ねた。すると、2人とも「モデル」になりたいと話し、小籔は「この時期からキャバクラで働きたいんちゃうかと思った。それだけちょっと不安やった」と、ほっとした様子。それほどまでにファッションやメイク、ヘアメイクもキメキメだった。

3人とも、母親と共有して化粧品を使用し、教えてもらったり一緒にやっていくうちに化粧を覚えたといい、学校に行く際は化粧をしないことや、さらにはそれぞれのメイクのポイントなどを披露した。

母親からは化粧をすることに「早い」とは言われないようで、むしろ一緒に楽しんでいるようだ。

一方、江角マキコが「お父さんは、なんて言ってるの?」と質問すると、質問を投げられた2人とも「お父さんいない…」と答え、スタジオは微妙な空気に。

すかさず小籔は「父親から見たらかわいらしいと思う」と言い、また自身の子供がバレエをやっていることにも触れ、発表会でメイクをした姿を見てかわいいと思うと話し、一父親の声として代弁した。

また、小籔は休みの日ぐらい良い、かわいらしいから良いなど、スタジオに登場したイマドキ女子小学生たちのファッションやメイクには肯定的だった。

その後番組では、足や腕、口元、眉毛などムダ毛を気にする女子小学生の声をVTRで紹介。加えて、都内のエステティックサロンでは「キッズ脱毛プラン」が人気を集めているとも紹介した。

これを見た出演者らは「ムダじゃない」「体を守るためにいる毛」など、キッズ向けの脱毛サービスに一同驚きを隠せない様子だった。

さらに小籔は「このテレビを見ている男の子に言いたい」と話し出し、もし女の子に毛が生えていてもその部分はスルーして「いじるな。お前らがいじるからこんなことになんねん」と、なぜか世の男の子に対し怒りを爆発させ、女の子への過保護っぷりをみせた。

【関連記事】
小籔千豊が「バイキング」でイマドキの小学生女子へ恋愛アドバイス 「一途は株上がる」
「バイキング」で女子小学生のリアルな恋愛事情に迫りスタジオ騒然
おぎやはぎが「バイキング」でオネエ系実演販売士・チク夫の過去を暴露