13日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の企画「どうした!?品川」の内容が、ネット掲示板などで話題となっている。

この企画は今年7月、芸人の東野幸治が「どうした!?品川」と題して「最近すっかり丸くなった品川祐を、元のギラギラした品川に戻そう」とプレゼンしていたもの。M-1グランプリ決勝進出を果たした「ギラギラ期」、映画監督デビューするなど文化人として活動した「調子乗り期」、そして現在の「どうした期」と、品川のキャリアを3つの時期に分け、様々な角度から検証した。最後には、これまでのVTRを見ていた品川祐と相方の庄司智春が登場。初心を取り戻すべく二人揃って坊主になり再出発を図った。

この放送に対して、ネット掲示板では「これは久々に腹を抱えて笑った。東野が企画したネタは面白い」「なんだかんだ言って、みんな品川さん大好きなんだな」「これだけイジってもらえるなんて品川は幸せ者だよ」と、企画を絶賛する声が相次いだ。

ほかにも「視聴者に嫌われてるからイメージアップを図ったのかな」「必死すぎて見ていられなかった。逆に庄司さんの仕事は増えそう」といった品川への批判も多く寄せられるなど、様々な反響がみられた。

【関連記事】
「どうした!?品川」今宵の「アメトーク!」は芸人・品川祐を徹底検証!

【関連情報】
どうした!品川(吉本芸人・品川祐による日々のブログ)