ボクシング亀田三男・和毅がメキシコで相手選手を恫喝 不可解裁定も......

写真拡大

 亀田がまた問題を起こした!

 28日(現地時間)メキシコで行なわれたWBCユース・バンタム級タイトルマッチ、前々日に開催の調印式で、挑戦者の亀田和毅が、チャンピオンのステファーヌ・ジャモエ(ベルギー)に対して恫喝行為。現地でも批判渦巻く騒動となっている。

 席上、両選手の隣にはそれぞれ選手の父親が座っており、和毅の隣には日本でライセンスを失効し、控室にも出入り禁止になった父・史郎氏が堂々と着席。現地報道では、まずジャモエが握手を求めたが、これを拒否。ジャモエは史郎氏にも握手を求めたが、史郎氏は手を払いのけるようにこちらも拒否。両選手はその後、互いに抱負を述べたが、突然和毅はキレたようにジャモエ陣営を睨みつけスペイン語で何やら叫びだしたという。

 ベルギー人のジャモエは言葉が分からない様子ながら不快感を露わにし、ジャモエの父親は「スポーツの試合なのですから恫喝はやめて下さい」と抗議。

 すると和毅は「おまえは黙れ! 俺が戦うのは息子の方や! 首をつっこんでくるな」というようなことをまくしたてたという。

 ジャモエは通訳からこれを伝え聞き、「君は試合が怖いのかな。僕の父は首をつっこみませんから、リング上でまた会いましょう」と冷静に対応したが、和毅はそれでも収まらず、立ち上がって顔を前に突き出し、メンチ切り。中央のプロモーターが必死になだめる姿はテレビでも流された。

 過去に日本で散々、批判対象となった無礼な振る舞いは海外でも相変わらずだった。

 和毅はこれまでデビュー15連勝、今年はカリブ王座など3つのローカル王座を獲得したが、いずれも王者不在の空位のタイトルを無名選手と決定戦で争ったもので、チャンピオンを倒して手に入れたものではなかった。

 今回、4タイトル目にして初めてチャンピオンに挑戦する形になったが、試合は同じく18戦無敗のジャモエと判定でドロー。23歳以下を条件とするユースでの世界獲得は実らなかった。

 と思いきや、試合後に主催者が判定結果が誤りだったと修正し、和毅の判定勝ちが伝えられた。

 こうしたことを伝え聞いた日本のボクシング関係者は不安を強める。

「史郎さんも一緒になって悪態をつくし、判定が不自然に覆ったりするし、亀田に関するものはいつもこれ。9月25日に大毅が、坂田健史とタイトルマッチを行うけど、こっちでもまた何か問題が起きる可能性は高い」(都内ジム会長)

 相変わらずリング外ばかりが注目される亀田家だ。



【関連記事】
「完全に舐められている」ボクシング 亀田オヤジ控え室乱入も"大甘処分"の予感
孤立深める亀田三兄弟 国内には練習相手もトレーナーもいない......!?
自浄能力ゼロのボクシング協会 亀田ジムが"大甘処分"で存続決定の裏事情