日本最凶の心霊スポット「犬鳴村」を舞台にした映画『犬鳴村』(配給:東映)が、2020年に公開されることが決定。メガホンをとったのは、ホラー映画の第一人者・清水崇監督だ。

 常に恐怖体験で名が上がるほどの最凶スポットでもある「犬鳴村」。福岡県の「旧犬鳴トンネル」の先に位置するとされ、「近くの小屋には骸が山積みにされている」「全ての携帯電話が圏外になる」など、日本地図から存在が抹消された村である。単なる都市伝説なのか、すべて真実なのか…!?

 噂はWEB上で多く語られており、下記のような事例が報告されている。

・霊能者が心霊番組収録中に体調不良になりTV中継がキャンセルに。
・車の同乗者がトンネル内で突然笑い出し、そのまま20年間精神病棟に入院。
・一緒に車に乗っていた猫がトンネル付近で突然おとなしくなりうずくまった。

・白い影にフロントガラスを叩かれ、残った手形がなかなか消えない。

・トンネル内で座って話していると友人の一人が足を掴まれた。後にニュースにもなる失踪事件に発展した。

・ブレーキを踏んでも止まらず、無事故無違反だった人が事故を起こした。

・故障ではなく半ドアが続き、屋根に重量のある何かの死骸のようなものが落ちてくる『ドンッ』という音が聞こえる。同乗者と確認したところ、車はへこんだりすることもなく、血などが付着することもなく綺麗な状態だった。死骸も見つからなかった。

 そんな「犬鳴村」が、これまで多くのホラー作品を国内外で手掛けてきた清水監督によって映画化されることが決定。清水監督は『呪怨』(2003年)が大ヒット、そのハリウッドリメーク版『The Grudge』(04年)で全米興行成績1位に輝くなど、様々なホラー映画を手がけてきたまさに日本最恐の監督だ。

 最恐監督×最凶心霊スポットの夢のタッグに世界でも注目が集まっており、英語タイトルは「HOWLING VILLAGE」に決定。先日行われた「アメリカンフィルムマーケット」ではSCREENの表紙を飾り、すでに世界中の映画会社からオファーが殺到しており、映画完成前に「これだけの反響が来ることは異例なこと」と、東映株式会社国際営業部も驚いている。

プロデューサー:紀伊宗之 コメント

清水監督の最も強いテーマで勝負したいと思った。作り物でなく、軽くなく、長く続く日本固有の「何か」を。

そして「犬鳴村」にたどり着いた。

(c)2020「犬鳴村」製作委員会