新婚だが指輪はまだ先の松本薫選手

写真拡大

「結婚」という形がはっきり定まったのは、明治時代に入り戸籍制度が導入されてから。女は結婚して相手の家に入る家制度が一般的だった。戦後、家制度は廃止されたが、高度経済成長期には「25才までに結婚。マイホームに子供が2人」が常識で、そこからはみ出る男女は「社会不適合者」のレッテルが貼られるほど、結婚には強い社会的圧力が伴った。もちろん、離婚もその1つ。

 しかし、女性が社会進出し、恋愛結婚の比率が逆転するとともに“家同士の結婚”から“本人同士の結婚”に価値観がシフト。かつて女性は結婚まで貞操を守るのが当然で、みっともないと白い目で見られていた「デキ婚」も、今や4人に1人がそうだといわれている。

 最近も女優・満島ひかり(30才)がテレビ番組で「デキちゃった方がいいですよね。みんな好きな人とデキちゃったらいいと思います!」と公言した。

 土屋アンナ(32才)は3人目の子供を妊娠中だと報告。長男・澄海くん(12才)と次男・心羽くん(6才)、そしてお腹の赤ちゃんの父親はすべて別の男性だが、世間は歓迎ムード。

 そして、うら若き学生時代から専業主婦を夢見て、30回以上ものお見合いをしてきたものの、ずっと独身を貫いていた阿川佐和子さん。63才にして、結婚を考えているという昔からの友人の存在が明らかになった。男性の元妻と阿川さんが友人関係だったことが縁だったとの報道もある。

 世代は違えど、いくつになっても、何度でも、結婚はしたいものだし、幸せなもの──彼女たちの話からは、あふれる夢と情熱を感じるけれど、一方で恋愛や結婚をただコスパで考える若者たちが増えている。結婚したら得なのか、損なのか、考えすぎて結婚しない若者が増えた結果、いっそう少子化が進み、大きな社会問題になっている。そんななか「結婚は覚悟」と言い切る女性が現れた。

 リオ五輪の柔道・銅メダリストの松本薫選手(29才)だ。大学時代に知り合った料理人の男性(30才)と、8年間の交際を経て11月1日に結婚した。入籍翌日となった2日、都内で開いた会見で、彼女が語った「覚悟」という言葉に、思わず背筋を伸ばした人も多いのではないだろうか。

 その真意を改めて尋ねると、松本選手は「好きで結婚というのは、あまり理解ができない」と独自の結婚観を語った。

「結婚とは、一生を共にするということ。この人が認知症になったときに、ちゃんと介護できるのか。添い遂げられるのか。そこまで含めて全部受け入れられると覚悟できたときに、初めて『結婚』するんです。私の中では結婚ってそういうものだと思っていて、その覚悟を持つまでに8年かかりました」

 プロポーズは4月4日。お互い正座して向かい合って結婚の意思を確かめあったが、松本選手はリオ五輪が控えていたため、「入籍する日はこちらで考えさせていただきます」と伝えたという。

 そしてその指にはまだ「指輪」はない。理由を聞くと「指輪は、簡単にあげたりもらったりするものじゃない」ときっぱり。

「指輪は、永遠の愛を誓うもの。大学生のころ、気軽に“結婚しようね”と指輪を贈りあったりする人もいましたが、それは私にとってはありえないこと。だから、夫には、つきあい始めてすぐに『指輪はいらない』って伝えたんですよ。今もまだもらっていないんです。東京五輪を目指していますし、現役の間は関節が動くので、指輪のサイズが変わりますから」

 取材日は、入籍してからちょうど2週間。新婚ホヤホヤゆえ、あえて意地悪な質問をしたくなり、寝食を共にするようになって不都合はなかったかと聞くと、「ないです」と即答。そのために8年間互いに理解を深め、しかもここ数年間は半同棲生活をして理解のさらなる深化を目指した。実際、けんかはほとんどなかったそう。けんかをしないとなると、いよいよ不満がたまりそうだが、さにあらず。そうならないために半年に1回、会議を開くことが、松本夫妻のルールだという。

「会議はどちらからともなく自然に始まります。そこで、お互いに直してほしいところを1つだけ伝えるんです。2つ以上言っても直せませんから」(松本選手)

 ちなみに、これまでの会議で伝えた内容を松本選手に聞くと──。

「私は洗濯物についてです。長袖のシャツで片方の袖だけ裏返っていると、洗濯しづらいので、気をつけてほしいと。彼からは、『家にいるときはそんなに掃除しないで、ゆっくり休んでほしい』と言われました。彼がいても無心で、ただ集中して掃除をするので、それが、怖いんじゃないですか(笑い)。あと、家にいるとき、私がずっと動いているので、彼も自分もやらなきゃっていうプレッシャーがあるのかな、って」

 松本選手は仲の良い両親の元、5人きょうだいの4番目として生まれた。にぎやかな家族を母がとりまとめ、父は優しかったが、一歩外に出ると母はどんなときも父を立てていた。そんな姿が松本選手の原体験なのかもしれない。

 まもなくやってくる年末年始。若い夫婦の間では、強い嫁が台頭し、夫と妻がそれぞれの実家に帰ることも珍しくなくなってきている。古風な松本選手ならば当然、夫について夫の実家に帰るかと思いきや、「それぞれの実家で過ごす」と意外な答え。その理由は驚くべきものだった。

「結婚式の相談のためにそれぞれに実家に帰ります。挙式は考えていますが、両家の親のために行うものだと思っています。私たちが楽しんでもしかたがないので、両親にいちばん喜んでもらう形をとりたいんです。去年は練習で実家に帰れなかったので、お正月は別々に実家に帰って相談しようと思います」

 何度も新婚らしいエピソードを聞き出そうとしたが、本人は「記事にならないことばかりですみません」と恐縮しきりだった。だが、デートについて聞くと「映画館にはよく行きます!」と顔をほころばせた。

「最近は、『君の名は。』を見ました。彼は2回泣いたって言うんですけど、私は、え?って感じでした。周りもすごく泣いていましたが、全然わかりませんでした(笑い)」

 そう話す彼女の腕には『ティファニー』の腕時計が光っていた。とても大切にしているという時計の文字盤のピンクが、今の気分を物語っているようだった。

※女性セブン2016年12月8日号