寺田心 父親不在も母親と祖母への感謝を涙ぐみながら語る

写真拡大

17日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、子役寺田心が父親不在の境遇、そして母親と祖母への感謝を語る場面があった。

番組では、寺田と芦田愛菜、加藤清史郎が出演し、子役ならではのトークを展開した。そして番組終盤、演技の裏に親の支えがあったという話題となった。加藤が幼少時は、台本にある自分のセリフを親がマーカーで塗り、フリガナを振っていたという。寺田は現在、母親に同じ事をしてもらっていると話した。

親に関する話はその後も続き、寺田は「僕はお父さんいないけど、お母さんとおばあちゃんがいっぱい応援してくれてる。『心、頑張れ」って」「だから怒られて悲しくなっても勇気を持てる」「ありがとう。じゃあ、がんばるよって」と涙をこらえながら語っていた。

【関連記事】
坂上忍が生放送で瞬間的に見せた子役への優しさ
寺田心くん 「1人でトイレに行けない」弱点を克服中に大号泣する事態
寺田心がババ抜き対決で反則行為? 「すみません、見えてました」