南米最高峰アコンカグアで日本人登山者が死亡 滑落との情報も

ざっくり言うと

  • 15日、南米大陸最高峰のアコンカグアで日本人登山者が亡くなった
  • 山頂まで約200mの地点で倒れ、意識を失ったと地元メディアが報じている
  • 滑落したとの情報もあり、ガイドが蘇生を試みたがそのまま死亡したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング