日本経済新聞によれば、アニメ製作で日本の2〜3倍の予算がつくこともあるNetflix。クリエイターに収益が行き渡らず、「ブラック業界」とも揶揄される日本のアニメ業界の"救世主"とも目される同社が、日本のクリエイター6名とオリジナル作品の企画・製作におけるパートナーシップを締結しました。今回パートナーシップを締結したのはCLAMP(カードキャプターさくら等)、樹林伸氏、大田垣康男氏、乙一氏、冲方丁氏、ヤマザキマリ氏