「坂本龍馬像」の横でポーズをとる優木まおみさん

写真拡大

日本高血圧協会は、2012年度の高血圧啓発キャンペーン「ウデをまくろう、ニッポン!」の記者発表会を2012年4月10日、都内で開催。タレントの優木まおみさんも応援サポーターとして出席した。

40代以上は血圧目標値「130/85mmHg未満」に達していない人が多い

同キャンペーンは、高血圧のリスクと血圧管理の重要性を少しでも多くの人に知ってもらうのを目的に、2007年度から始まっており、2012年度のテーマは、「血圧チャレンジ130/85mmHg未満−日本の40代よ、挑戦のときがきた−」だ。

2012年は、日本を変えてきた歴史的人物の「偉人像」がキャンペーンの応援団として40代の男性に「血圧チャレンジ」を呼びかける。

応援サポーターとして発表会に出席した優木まおみさんは、キャンペーンのテーマにもある「チャレンジ」をお題としたトークセッションを行い、

「40代の男性は働き盛りの方が多いですし、仕事や様々なことに向かってチャレンジしている姿にキュンとなります。でも身体が資本なので、高血圧には気を付けてほしい! 血圧は数字で成果が見えやすいので頑張ってください」

とエールを送り、今年のキャンペーンの応援団の1人である「坂本龍馬像」とカメラに収まった。

この日の記者発表会で説明を行った専門医・荒川規矩男氏によると、働き盛りの40代男性は血圧が高くても、「自覚症状がない」、「忙しい」などの理由から受診していない人が多く、また血圧チャレンジ(運動・食事など)に取り組んでいても、血圧目標値「130/85mmHg未満」に達していない人が多いのが現状だという。