NC700X(パールサンビームホワイト)

写真拡大

ホンダ(Honda)は、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた新設計の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒700ccエンジンを搭載した大型モデル「NC700X」を、2012年2月24日に発売する。メーカー希望小売価格は、「NC700X」 が64万9950円、「NC700X<ABS>」が69万9300円。

容量21Lのラゲッジスペースで使い勝手よし

エンジンは、低・中回転域での力強い出力特性に加え、燃焼効率の追求による低燃費化を目指し、理想的な燃焼室形状や低フリクション技術などを多岐にわたって採用することで、41.0km/L(60km/h定地走行テスト値)の燃費性能を実現している。

車体には、しなやかで剛性にも優れたダイヤモンドフレームに、高い路面追従性を発揮する前・後サスペンションを採用した。また、燃費性能を高めたことで、燃料タンクを小型化しシート下に配置できるようになり、従来の燃料タンク部には、フルフェイスヘルメットも収納可能な容量21Lのラゲッジスペースを装備した。

躍動感にあふれ力強く洗練されたデザイン

スタイリングは、Hondaのモーターサイクルづくりの新たなコンセプト「クロスオーバーコンセプト」の思想に基づいて、躍動感にあふれ力強く洗練されたデザインとしている。また、アップライトなライディングポジションにより、市街地走行やツーリングなど幅広いシチュエーションで、楽しく快適な走行が楽しめる。

ボディーカラーは、パールサンビームホワイト、マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、デジタルシルバーメタリックの4種類。