来年も続ける?


幸せいっぱいの引っ越し。憧れのタワマン生活が今日から始まる/タワマンに住んで後悔してる(1)

念願の東京転勤となり、タワーマンションへ引っ越すことになったのは渕上(ふちがみ)家。低層階とはいえ、憧れのタワマン生活を手に入れたことで一家は幸せいっぱいの生活がスタートさせます。

慣れない新生活に戸惑う主婦・舞は、同じタワマンに住むママである香織(中層階在住)と恵(高層階在住)とすぐに仲良くなります。しかし小学5年生の息子・悠真が入った野球チームで、転入早々彼がエースになったことにより、徐々に不協和音が…。

低層階と高層階、子どもの学力、夫の職業など、さまざまな軸で見えない競争意識に駆り立てられていく大人たち。同じタワマンの低・中・高層階に住む家族3組の虚栄と内情を描くエピソードをお送りします。

※本記事は窓際三等兵原著、グラハム子著の書籍『タワマンに住んで後悔してる』から一部抜粋・編集しました。

ここに住めばすべてうまくいく…と思ってた


登場人物


■◆野球と塾

野球と塾


惜しかったね


みんなよく頑張った!


何も考えてないだけだよ


少年野球はどうしても母親の労働力ありきね


楽しみとは言っちゃいけない雰囲気だな


みんな卒業まで続けるものだと思ってた……


もっと野球を


原著=窓際三等兵、著=グラハム子/『タワマンに住んで後悔してる』