小1で『ほっぺにチュー』が流行!?【小学生の恋愛事情】に母ヒヤヒヤ → 息子は意外な反応で──!?

写真拡大 (全2枚)

今どきの小学生の恋愛事情には驚かされてばかりです。「まだ小学校1年生だよね?」「この間まで幼稚園通ってたよね?」と確認したくなるほど……。今回は私の友人A子から聞いた、小学校1年生の息子が思いがけず硬派な男子に成長していて驚いた話を紹介します。

息子はピカピカの小学校1年生

A子の息子は小学校1年生になったばかり。小学校には同じ幼稚園に通っていた仲の良い友だちも何人かおり、スムーズに小学校生活に移行できました。

A子の息子は小学校が楽しいようで、小学校から帰ってくるといつもその日あったことをA子に話してくれるのですが……。ある日、「小学校でそんなことしてるの?」とA子が驚くようなエピソードを息子が教えてくれたのです。

息子には「結婚相手」がいる

息子には幼稚園時代から「結婚相手」がいました。それは、とても可愛らしくてしっかりしたR子ちゃん。年長の冬頃、R子ちゃんの方から「結婚して!」と言われ、息子は快諾したよう。

幼稚園でどういったやりとりをしているのか、詳しく聞いてもはぐらかされてばかりだったのですが、小学校に入ってからはなぜか話してくれるようになり……。

ほっぺにチューが流行中

息子によると、息子とR子ちゃん以外にも小学校にはすでに何組かカップルが出来上がっているとのこと。ほかのカップルたちは、皆の前で「ほっぺにチュー」をよくするようで、なんと息子とR子ちゃんにも強要してきたらしいのです。

意外にも「拒否」した息子

驚いたA子は「え? 〇〇くん(息子)もR子ちゃんとちゅーしたの?」と身を乗り出して聞いていました。

R子ちゃんは乗り気だったらしいのですが、なんとA子の息子は、「ぼくは結婚式までチューはしない!」ときっぱりと断ったらしいのです。

息子の成長を感じた

昔からほかの子の意見に流されやすい性格だったA子の息子。小学生になって、自分の意見を言えるようになっていることに驚いたA子でした。しかも、なかなかカッコいいことを言う硬派な男子に育っており、これまた予想外だったようです。

子どもが小学校に楽しく通えていることは、親として一番うれしいことですよね。学校内であったことを教えてくれるのは低学年のうちだけで、話に親が一喜一憂するのも今だけなのかもしれません。学年が上がるにつれて子ども同士でのトラブルも増えると聞きますが、先生にもご指導いただきながら、親も子どもも一緒に成長していけたらいいですね。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:ichika.K