泥沼化の様相を呈した“サップ問題”。もう、サップのファイトをみることは出来ないのだろうか・・・

写真拡大

5月13日(土)、オランダはアムステルダムアリーナで開催された、K-1 WORLD GP2006 in AMSTERDAM 大会において、ボブ・サップが試合直前で会場から失踪。アーネスト・ホーストとの一戦をボイコットした事件で、K-1を主催する株式会社FEG代表取締役・谷川貞治氏からマスコミ各社へ声明文が送られた。

この声明は、サップ問題に対して、過剰報道を避けるべく沈黙を守ってきた同氏が、27日、サップの代理人がサップサイドの声明を発表したことに対して、“事実無根”と見解を述べたもの。その声明文はA4用紙5枚に及ぶ。

---以下、全文を掲載---

 マスコミの皆様方におかれましては、平素より格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

 さて、この度は弊社と長期契約期間中にあるボブ・サップ選手の件に関しまして、大変お騒がせし、ご心配をおかけしていることを心よりお詫び申し上げます。ご存知のように、サップ選手は5月13日の「K-1 オランダ大会」でアーネスト・ホースト選手と対戦する予定だったのにもかかわらず、当日会場で開会式にも出席しておきながら、試合をボイコットして会場をあとにしました。このことについて、6月27日にサップ選手より、第三者を介して「声明文」がリリースされましたので、混乱を防ぐ意味もあって、あえて弊社の見解を述べようと思います。

サップ選手が出した「声明文」の中には、このオランダ大会に関して、事実に反することが多数書かれています。その中でも、とりわけ重大な事実誤認部分について以下のとおり正させていただきます。

1.まず、サップ選手は昨年末より、K-1との長期契約期間を更に延長したいという意志を持ち、契約の見直しを申し出てきました。その際、サップ選手は、他団体から高額のオファーを受けているので、延長の条件も高額であるべきだとの要求がなされました。私共も、こうしたサップ選手の要求に対し、可能な限りサップ選手の意向を汲んであげようと思い、本人と具体的な条件につき直接交渉してきました。そこでは、当然のことながら、5月13日のオランダ大会における対ホースト戦が前提となっていました。

 2006年4月の終わりごろ、サップ選手から、自分の代理人として、山森克史国際法律事務所の山森克史弁護士を立てたいとの意向が表明され、具体的な延長契約書の完成に向けて、山森弁護士を含む関係者全員が鋭意作業を続けていました。ところが、オランダ大会の一週間前である2006年5月7日に、突然、PRIDEを主催する(株)DSEの弁護士を務めているマイケル・コネット氏(日本在住米国人弁護士)から弊社に対し、「今回はあくまでも個人的にボブの相談相手になっている。あくまでも主任弁護士は山森先生である。」という前提で、自分もサップ選手側の代理人であるとの連絡が入りました。マイケル・コネット氏は日本で弁護士資格を有してないことからしても、何故このタイミングで別の弁護士が増えるのか、私共は当惑しましたが、サップ選手から「あくまでも主任は山森弁護士で、延長契約書を確認するのも山森弁護士であるから、山森弁護士と遣り取りして欲しい。」との指示を受けたので、私共は、山森弁護士と話を続ける事にしました。なお、後で発覚したのですが、山森弁護士は、上記コネット弁護士の紹介でサップ選手を代理するに至ったようです。 上記オランダ大会が目前に迫っていた2006年5月11日深夜、延長契約が弁護士間で一旦合意されました。しかしながら、サップ選手の方から、延長契約の大枠すら覆すような全く新しい提案が突然なされました。オランダ大会の2日前に、これまで話し合い、かつ了解してきた内容を大きく覆され、私共のみならず、山森弁護士まで大いに困惑しました。しかし、熟慮した結果、サップ選手の要求を極限まで認める方向で協議が再開されました。関係者の必死の努力で、2006年5月13日(試合当日)の早朝から午前中にかけて、弁護士間で新たな延長契約書が整備され、後は署名を待つのみとなりました。上記の遣り取りにつきましては、全てEメール・ファクシミリ等で記録されています。