キリンビールは7月8日、月額2800円の会員費を支払うことで、全国の「Tap Marché」取り扱い店でクラフトビールが月〜金曜日に1日1杯飲めるサブスクリプションサービス「CRAFT BEER PASSPORT Supported by Tap Marché」を7月20日から開始すると発表した。

「Tap Marché」とは、1台で4種類のビールの提供が可能な小型のディスペンサーで、通年販売の展開ブランドは「スプリングバレーブルワリー」「グランドキリン」「ヤッホーブルーイング」「ブルックリン・ブルワリー」「常陸野ネストビール」「伊勢角屋麦酒」「ファーイースト」「九州 CRAFT」「盛田金しゃちビール」「KONISHI BEER」「DHC ビール」「TOKYO BLUES」「いわて蔵ビール」「山口地ビール」「銀河高原ビール」。「Tap Marché」を扱っている店舗のうち、同サービスに参加している飲食店が対象となる。

同サービスは対象店舗に掲示されているQRコードをスマートフォンで読み込むだけで登録可能で、対象店舗であればどこでも利用可能。

飲食店におけるサブスクリプションサービスは通常、ツールの利用料金を飲食店が負担することが多いが、同サービスはキリンビールとfavyが負担する。

「CRAFT BEER PASSPORT Supported by Tap Marché」の仕組み