<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全3枚)

成田国際空港では、国立歴史民俗博物館が所蔵する「江戸図屏風」の高精細画像をもとにした「光る江戸図で感じる日本」の展示を3月12日(木)より開始している。
Gateboxは、国立歴史民俗博物館の3Dキャラクターの「もみちゃん」が展示の作品解説を行う「解説用ICT機器」として、キャラクター召喚装置「Gatebox」で稼働開始したことを発表した。なお展示への参画は同社初のビジネス向けGateboxアプリケーション稼働事例となる。

●特別展示「光る江戸図で感じる日本」とは
「光る江戸図で感じる日本」は、国立歴史民俗博物館の所蔵する「江戸図屏風」の画像をもとにファブリックパネル素材で制作された内照式の「光る江戸図」と、先端の「解説用ICT機器」として「Gatebox」と「Sota」が展示されている。第2ターミナル出国⼿続き後エリア内に設置されており、第2ターミナルから国際線で出発するお客のみ見ることができる。展示は6月末まで予定。

■江戸図屏風:
江戸図屏風は江戸時代初期の江戸市街地および近郊の景観を画題として、そのなかに江戸幕府第三代将軍徳川家光の事蹟を描き込んだ、六曲一双の屏風。成立期江戸の景観を描いた数少ない史料のひとつ。国立歴史民俗博物館所蔵。

「Gatebox」には、国立歴史民俗博物館3Dキャラクターの「もみちゃん」が召喚され、日本語、英語、中国語、韓国語の4つの言語で屏風の解説を聞くことができる。Sotaも4つの言語に対応している。


今回の取り組みにおいてGateboxのビジネスソリューション開発は、ハニカムラボが担当している。国立歴史民俗博物館3Dキャラクター「もみちゃん」を召喚するキャラクターアプリケーションの開発、ならびに言語切替ができるGatebox設置機器の開発をハニカムラボが行った。
Gateboxとハニカムラボはビジネスソリューション開発において提携しており、今回の展示向け提供はハニカムラボの協力によって実現。Gateboxは今後もハニカムラボと共にビジネスソリューションの提供に向けて尽力していくとしている。

(山田 航也)