8月に発見の彗星は太陽系外から飛来 高速で移動し12月に最接近

ざっくり言うと

  • 8月に見つかった彗星は太陽系外から飛来した天体だと発表された
  • 現在は太陽から4億キロほどの場所にあり、時速約15万キロで移動している
  • 12月に太陽に約3億キロまで接近した後、再び離れていく軌道を描いている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x