賢い人だけが知っている、伊勢丹、高島屋で実質10%引きで買う方法

写真拡大 (全17枚)

百貨店(デパート)系のクレジットカードは利用額が増えるほど、還元率が高くなるカードも珍しくありません。そのため、よく使う店舗に絞ってカードを作り、そのカードを利用してショッピングをするのが高還元を受けるコツです。今回は、百貨店でお得に使えるクレジットカードを、ランキング形式でご紹介します。


百貨店系クレカは利用額に応じて
還元率が脅威的にアップします



(C)vanbeets/123RF.COM

百貨店(デパート)系のクレジットカードは、みなさんがよく行く店舗で、年間利用額が高い店舗が発行しているカードを作れば、実質還元率が非常に高くなりお得になります。例えば、前年の利用額(総額)に応じて還元率が変わる「MICARD+」の場合、初年度は5%還元ですが、翌年以降は年間の利用額が一定の金額を超えると、8%、10%と段階的に上がっていきます。このほか特定日に還元率がアップしたり、特定期間に還元率が10%になったり、特典が魅力だったりするカードもあります。



また、よく行く店舗での年間利用額が高い場合は、通常の還元率がアップするゴールドカードを作ってもいいでしょう。例えば、「MICARD+ GOLD」なら、年会費は1万円(税抜)かかりますが、三越伊勢丹グループでの利用なら初年度はポイントが8%、年間100万円以上の利用で翌年は10%のポイント還元となります。また、グループ以外の通常利用でも還元率が0.5%から1%にアップします。また、ゴールドカードだけの特典として、駐車場時間の延長や空港ラウンジのサービスが無料で利用できるなど、一般のカードには無い、年会費を払ってでも受けたい特典が得られます。



このようによく行く店舗、年間利用額で考えてカードを作れば、高い還元率を受けることは難しくありません。さらに特典や特定日などにも注目すれば、より自分に合ったカードが見つかるでしょう。

まずはうまく利用して高還元率を目指す方法を紹介します。

【高還元率を実現する方法 特典日を狙って還元率アップ!】



クレジットカードの提携店舗では、特定日・特定期間に還元率がアップするイベントを行っています。そのため公式サイトをしっかりチェックしておくといいでしょう。例えば「イオンカード」の場合、全国のイオンや系列店で、毎月20・30日にクレジットカード決済で5%オフになります。「エスポカード」の場合は、年4回行われる「マルコとマルオの7日間」の特定期間に10%オフになります。

【高還元率を実現する方法◆Д優奪肇轡腑奪團鵐阿悩蚤腑櫂ぅ鵐30倍】



三越伊勢丹グループのWebエムアイカード会員サービスに登録するのがお得。ショッピングモール「エムアイポイントワールド」を経由して、提携するショッピングサイトでクレジットカード決済をすると、最大で30倍のポイントが貯まることも! ただし、利用にはWebエムアイカード会員サービスに登録する必要があるので注意が必要です。

【高還元率を実現する方法:豊富な特典を活用する】



(C)Punyaphat Larpsomboon/123RF.COM

年会費無料のカードでも旅行からエンタメまで、さまざまな特典を受けることができます。例えば「エポスカード」なら、 シダックスや富士急ハイランド、東京ジョイポリスなどで優待価格のサービスが利用できます。ゴールドカードなら、空港ラウンジ無料利用や海外旅行保険といった特典が追加されます。

以上を踏まえて、百貨店・ショッピングモールで得するクレジットカードランキングを発表したいと思います。


最大10%の還元が魅力! 
MICARD+



MICARD+
発行:エムアイカードプラス
国際ブランド:Visa、AMEX
年会費:初年度無料、2年目以降2000円
ポイント/還元率:エムアイ ポイント/0.5%
主な提携ポイント/交換最低条件:WAON POINT 1000P
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(0.5%)
旅行保険の最高補償額:なし


1位に選ばれたのは、三越伊勢丹グループでの買い物なら、これ一択の「MICARD+(エムアイカード プラス)」です。三越伊勢丹グループでの利用の場合、初年度は5%の還元ですが、翌年以降は前年の利用額(総額)に応じて還元率が変わります。具体的には、30万円未満で5%、30万円以上で8%、100万円以上で10%が還元されます。また、ハードルは高めですが、200万円以上の利用で1万ポイント、300万円以上の利用で1万5000ポイント、500万円以上の利用で2万5000ポイントがボーナスでもらえます。



(C)Sitthipong Pengjan/123RF.COM



さらに買い物で貯めたエムアイポイントは、JAL・ANAのマイルと交換できます。JALの場合は3000ポイントで1500マイル(1000ポイント単位)。ANAの場合は 2000ポイントで500マイル(2000ポイント単位)の交換となります。


最大10%還元の実現も可能に!
タカシマヤカード



タカシマヤカード
発行:高島屋クレジット
国際ブランド:Visa、JCB、Mastercard、AMEX
年会費:初年度無料、2年目以降2000円
ポイント/還元率:タカシマヤポイント/0.5%
主な提携ポイント/交換最低条件:ANAのマイル /2000P
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(0.5%)
旅行保険の最高補償額:海外(利用)2000万円/国内(利用)1000万円


2位は高島屋での買い物が多い人なら持っておきたい「タカシマヤカード」。高島屋での利用で常時8%のポイントが貯まります。翌年から年会費がかかりますが、高島屋での利用が多いのなら十分元は取れます。さらに高島屋ポイントアップ特別優待の期間中は最大10%の還元。メールマガジンや各店舗のWebサイトは、必ずチェックするようにしてください。



毎年、高島屋で高額利用する人は「タカシマヤカード ゴールド」を検討するのもいいでしょう。初年度から年会費が1万円と高いのですが、通常還元率が2倍になり、年間100万円以上の利用で、翌年の還元率が10%になります。店舗によっては店内のメンバーズサロンでのおもてなしや、駐車場優待サービス、国内外の空港ラウンジサービスなどが利用できるようになります。


阪急・阪神百貨店ユーザーなら必携
ペルソナ STACIA アメリカン・エキスプレス(R)・カード



ペルソナ STACIA アメリカン・エキスプレス・カード
発行:アメリカン・エキスプレス
国際ブランド:AMEX
年会費:1万4000円
ポイント/還元率:Sポイント/1%
主な提携ポイント/交換最低条件:はぴeポイント/1000P
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(0%)
旅行保険の最高補償額:海外(自動)5000万円/国内(自動)5000万円


3位に選ばれたのは、唯一初年度から10%還元を誇る「ペルソナ STACIA アメリカン・エキスプレス・カード」。阪急・阪神百貨店での買い物なら、無条件で適用されます。年会費が1万4000円と高いのがネックですが、利用頻度が高いのなら、持っていて損はありません。旅行保険の最高補償額が手厚いのも、旅行好きにはうれしいポイントです。


年会費無料で10%還元も狙える
エポスカード



エポスカード
発行:エポスカード
国際ブランド:Visa
年会費:無料
ポイント/還元率:エポスポイント/0.5%
主な提携ポイント/交換最低条件:ANAのマイル/1000P
主な電子マネーチャージ:楽天Edy(0.5%)
旅行保険の最高補償額:海外(自動+利用)2000万円/国内なし


4位は通常時の還元率は0.5%とあまり高くはないものの、年会費無料なのに特典がお得な「エポスカード」が選ばれました。特に、マルイ店舗やマルイWebチャンネルなどで年4回行われる「マルコとマルオの7日間」では10%還元なので、これを目当てに持っているだけでもお得度が高いと言えるでしょう。



このほか、提携するさまざまな飲食店やアミューズメント施設を優待価格で利用できるのも魅力です。


西武・そごうで最大7.5%の還元!
クラブ・オンカード セゾン/ ミレニアムカード セゾン



クラブ・オンカード セゾン/ ミレニアムカード セゾン
発行:セブンCSカードサービス
国際ブランド:Visa、JCB、AMEX
年会費:無料
ポイント/還元率:永久不滅ポイント/0.5%
主な提携ポイント/交換最低条件:JALのマイル/200P
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(0.5%)
旅行保険の最高補償額:なし


5位にランクインした「クラブ・オンカード セゾン/ ミレニアムカード セゾン」は、2種類のポイントを貯めることができます。具体的には、西武・そごうの各店で5〜7%のクラブ・オン/ミレニアムポイント、通常利用分として永久不滅ポイントが0.5%となり、最大7.5%の還元率になります。西武・そごうに加え、セブン-イレブンやイトーヨーカ堂などのセブン&アイグループの対象加盟店でも買い物をすることが多い人なら、必携のカードと言えます。



(C) bacho12345/123RF.COM

誰もが1枚は持っているクレジットカードですが、なんとなく作るのはもったいないことが理解していただけたと思います。よく行く店舗に絞ってカードを作り、ポイントアップの特定日・期間や、特典も最大限に利用することで、簡単に高還元を受けることができるのです。ポイント還元のない現金と比べると年間でかなりの金額差になるので、クレジットカードを賢くお得に活用しましょう。

タイトル写真: (C) Norasit Kaewsai/123RF.COM



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。