小沢一郎氏、生活の党から離党容認のウラには「仲間」への期待

ざっくり言うと

  • 生活の党の小沢一郎代表が、衆院解散の直前に所属議員の離党を容認した
  • 「生き残りさえすれば、いずれまた一緒にやれる」と漏らしていると関係者
  • 非自民勢力結集のため、何らかの形で国会に戻ることを期待しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング