トレーニングのシーンでのみ着用するのではなく、日頃から健康管理に役立ちそうな、ワークアウト対応アプリの連携機能を備えたG-SHOCK『GBA-800』がカシオ計算機から発売される。6色展開となっており、発売日は2018年2月9日(ブルー、グリーン、グレーは3月16日)。価格は各モデルとも1万6500円(税別)だ。

【詳細】他の写真はこちら



『GBA-800』には歩数およびランニングやウォーキングのペース計測のために3軸加速度センサーが内蔵され、時計の文字盤上にこれらのデータが表示される仕組みとなっている。さらにスマートフォンとBluetoothで無線接続すれば、専用アプリからさらに詳細な情報を見ることができるようになるそうだ。

ワークアウト情報が見やすそうな専用アプリ





専用アプリ「G-SHOCK Connected」では毎日の歩数や消費カロリーなどを確認できるとともに、地図やカレンダー、グラフで週間・月間、そしてエリア別の運動強度などを視覚的にチェックできる「ステップトラッカー」、ワークアウトメニューと紐付け可能な「タイマー」といった機能を活用できる。

また、アプリ上でワールドタイム、デュアルタイムを簡単に設定できたり、時計のボタン操作でスマートフォンの音を鳴らす携帯電話探索を行えたりと、スマートフォン連携腕時計として押さえるべきポイントはしっかり網羅してくれている。

堅牢・防水。G-SHOCKらしさはそのまま





この『GBA-800』は、日々のワークアウトをサポートする新シリーズ「G-SQUAD(ジースクワッド)」として展開されていくとのことだが、耐衝撃構造や20気圧防水といったG-SHOCKのアイデンティティはそのまま継承。コイン型リチウム電池CR2016対応で、約2年の電池寿命が謳われている。モジュール実装の工夫により、サイズが大型化することもなかったようだ。また、バンドの穴を増やして手首へのフィット感を向上させるなどの細かな配慮にも余念がない。

常時身につけながら運動量をトラッキングしたいと考えるG-SHOCKユーザーにアピールしそうな新製品。頑丈なアクティビティトラッカーを求めていた人々のニーズにもマッチするかもしれない。

関連サイト



アプリ連携でワークアウトの記録ができる“G-SHOCK”(カシオ計算機のニュースリリース)

GBA-800 G-SHOCK(CASIO)

text渡辺 "d." 大輔(編集部)