ダウンタウン主演作で浜田雅功の幼少期を堂本剛が演じていたことが明らかに

写真拡大

3日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、子ども時代の浜田雅功の役を、KinKi Kids堂本剛が演じていることが明らかとなった。

番組では、プレゼンターの小籔千豊が提唱した「幼少期を演じた子役 大人になったらやっぱりその俳優に似てる説」を、過去数作品のVTRで検証していった。

その中で、1987年に放送したドラマ「ダウンタウン物語」(毎日放送)を取り上げた。本作は若き日のダウンタウンが出演しているが、浜田の幼少期を演じた子役はなんと当時8歳の堂本だというのだ。もちろん、現在のふたりは似ても似つかないということで、「大人になって似るかどうかは人それぞれ」という検証結果に終わった。

このダウンタウンのドラマで、説を完全に覆された形となり、小籔はVTR後に「台無しですやん! この説!」「途中までええ感じなってたのに、最後なんですの、こんなモン! 全然似てませんやん!」とまくしたて、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
KinKi Kids・堂本剛が驚いたジャニー喜多川氏の習慣 持ち物は全部紙袋に
「KinKi Kidsのブンブブーン」で異例の展開 堂本剛とゲストがインフルで病欠
堂本剛がインフルエンザで病欠 急きょ松岡昌宏が代役を務める事態