がま親分 辛口ホルモン 700円(税別)

写真拡大

店先のテーブルで焼肉に興じる人びと。立ち昇る煙越しに、弾んだ会話が聞こえてくる。

野毛で「立ち食い焼肉」初体験! 3000円でどれだけ満足できるのか実食してみた

焼肉・ホルモン屋が軒を連ねる、横浜は野毛界隈を探訪する。

超ホルモン

炎のなか乱舞する名物「一本ホルモン」に本当の肉の旨さをみた

一本ホルモン 999円(税別)

「超ホルモン」の名物メニュー。これを食べてホルモンに目覚めた女子も多いとか。

網ごとカルビ 1580円(税別)

網を覆い隠すほど大きなカルビ。肉好きの心くすぐるメニューが揃う。

主な客層 20〜50代男女

エプロン あり

焼き方 ガス

扉を開けると、そこには「野毛」という町を圧縮したかのような風景が広がっていた。野毛小路の中ほどにある「野毛たべもの横丁」。建物内を1本の道が貫き、左右に飲食店が並ぶ。立ち喰い寿司、串カツ、焼き鳥、居酒屋、スナック……。のんべえには堪らない布陣だが、その一角にあるのが「超ホルモン」だ。

店長・大野善樹さんが「この辺で出すのはウチぐらい」と胸を張る一品は、50冂兇┐離泪襯船腑Δ鮃覯に焼く「一本ホルモン」。マルチョウといえば脂の塊、素人には扱いが難しいとあって店長が手ずから焼いてくれる。ジュワッと脂が弾けた瞬間、ボワッと立ち昇る炎。手練れのトングが指揮する炎のダンスのなか、身をくねらせ、ぷっくりと膨らんでいくホルモン。その味わいは、まさに至福。

「ウチで扱うのは国産の新鮮な牛ホルモンのみ。クセのない、肉本来の旨みが詰まった味わいは女性客にも好評です」

肉好きが嵩じて現在の職に就いたというだけに、「肉のおいしさを知ってほしい」という思いは深い。この店に来たらぜひ、絶妙なトングさばきで焼かれる「一本ホルモン」を堪能してほしい。

横浜市中区野毛町2-74-1たべもの横丁 045(315)6563 17:00〜翌1:00、土・日曜16:00〜翌1:00 不定休 21席 喫煙可 カード不可 予約可 目安2000〜3000円 JR・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩約5分

ゴールデンもつ

心尽くしの焼きとんと酒、そして人情のエル・ドラード

焼きとん 270円(2本)

鮮度にこだわった焼きとん。どれでも2本で270円というお手頃価格もうれしい。

もつの煮込み 330円

煮込みはもう一つの看板メニュー。濃いめに味付けされたやわらかなモツは酒のアテに最適。

ゴールデンボンバー 410円

キンミヤ焼酎を凍らせ、梅シロップをかけたもの。アルコール度数が高いので、1人3杯まで。

主な客層 30〜50代、男性が多い

エプロン なし

焼き方 ガス

桜木町駅に近い「ぴおシティ」地下2階。日が高い時刻からご機嫌な酔客の姿も珍しくないこの飲食街に暖簾を掲げるのが「ゴールデンもつ」である。この店は、野毛界隈における焼きとんのパイオニア。中岫満店長によれば、5年前のオープン時には周辺には焼きとんの店はほとんどなかったそうだ。目新しくて値段も手頃、新鮮な素材を使った旨い焼きとんが評判を呼び、時を置かずに常連客で賑わう人気店となった。

「モツは鮮度が命だから、そこは絶対に手を抜いちゃいけない。とはいえ、気軽に楽しんでもらえるよう値段は極力抑えてね。だから、なかなか儲からない(笑)」

かむほどに旨みがほとばしる、心尽くしの焼きとん。しろもつやあぶらなど、部位ごとの味を口中でためつすがめつしながら酒を呷れば、幸福感がじわりと心に満ちてくる。イケる口ならぜひ試したいのが、25度の焼酎を凍らせた「ゴールデンボンバー」。ひと口飲めば、気分は一気に天国へとまっしぐらだ。中岫さんの飾らない人柄がそうさせるのだろう、店員と客の会話も弾むフレンドリーな雰囲気も心地よい。酒と肉、そして人情の黄金郷、ここにあり。

横浜市中区桜木町1-1 ぴおシティB2F 045(681)2538 11:30〜22:00(LО21:30) 無休 33席 喫煙可 カード不可 予約可 目安1000〜2000円 JR・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩すぐ

ホルモン家族 けん

鮮度へのこだわりは譲れない思い一徹のホルモンを喰らう

極上厚切り牛タン塩 1880円(税別)

やわらかな歯応えとジューシーさが堪らない。メニュー名にある“極上”の文字に偽りなし。

青唐塩ホルモン 580円(税別)

青唐辛子のさわやかな辛さと、自家製のブレンド塩の塩加減が豚ホルモンの味を引き立てる。

主な客層 20〜60代男女

エプロンあり

焼き方炭火

開店して1年半。まだニューフェイスだが、激戦区に打って出ただけあって売り物に対するこだわりは深い。
「ウチではその日に仕入れたものしか出しません。なくなっちゃうとお客さんに迷惑かけるけど、新鮮な肉の旨さを味わってほしいので。これだけは譲れません」と、自らの“肉道”をキッパリ語る店長。その言葉が本物であるのは、品物を見れば一目瞭然だ。

たとえば看板メニューの「青唐塩ホルモン」。青唐辛子と塩のみというシンプルな味付けは、素材がとびきり新鮮だからこそ成り立つもの。臭味のない、ぷりぷりとした味わいがホルモンの旨さを再認識させてくれる。

店長は以前、自動車販売を手掛けていたが、縁あって今の仕事に。畑違いの転身だったが、非常にやりがいを感じているという。「飲食業は初めてだけど、やってみるととても奥が深くて面白い。青唐塩ホルモンみたいに、工夫してつくったメニューを喜んでもらえたときが一番うれしいね」

店長はじめ、スタッフのキビキビした対応も気持ちがいい。旨い肉を心おきなく堪能するにはうってつけの店だ。

横浜市中区野毛町2-79 林ビル1F 045(325)9543 17:00〜翌3:00 無休 30席 喫煙可 カード可 予約可 目安3000〜4000円 JR・横浜市営地下鉄桜木町駅、京急線日ノ出町駅より徒歩約6分

野毛☆大夢

風に吹かれて肉を焼く野毛ならではの愉しみを存分に味わう

牛シロコロ 700円(税別)

口にするとジュワ-ッと旨みがあふれ出す。外メニューの場合は量を調整して300円に。

ラム 490円(税別)

新鮮なラム肉はクセがない味わいが特徴。脂も少ないのでいくらでも食べられてしまう。

主な客層 20〜50代男女

エプロン なし

焼き方 炭火

戸外の七輪で肉を焼く。そんな野毛ならではの愉しみを堪能させてくれるのが「野毛☆大夢」だ。「ウチは焼肉屋というより炉端焼き屋に近い」と店主の日比野仁華さんがいうように、肉やホルモンのほか魚介も提供。

特筆すべきは、外のテーブルで出す料理は300円均一にしていること。「旨いものを気軽に楽しめる、野毛らしさを味わってほしい」と日比野さん。価格は抑えても味には一切妥協しない。たとえば「牛シロコロ」はジューシーで、肉の旨みが凝縮。その味わいは店主の姿勢を雄弁に語っている。

横浜市中区野毛町2-79 045(250)0666 月〜木曜17:00〜24:00(LО23:00)、金・土曜17:00〜翌2:00(LО翌1:00)、日曜15:00〜23:00(LО22:30) 不定休 48席 喫煙可 カード不可 予約可 目安2000〜3000円 JR・横浜市営地下鉄桜木町駅、京急線日ノ出町駅より徒歩約6分

治郎丸

立ち食いで高級和牛、注目のニュースタイル

友三角 250円(税別) リブ芯 300円(税別) など

「きたかみ牛」や「とちぎ牛」など厳選の銘柄牛を使用。和牛の醍醐味をぜひ。

キムチ 380円

サイドメニューも本格派の味が揃う。

主な客層 20〜60代、男性が多い

エプロン あり

焼き方 ガス

立ち食いスタイルで上質な国産牛をリーズナブルに。そんなコンセプトで人気を呼んでいるのが2015年2月にオープンしたばかりの「治郎丸」。肉はA5、A4ランクといった厳選の国産牛で、常時30種類ほど揃ったメニューはすべて1枚ずつ提供するというスタイルがウケている。

「上質な和牛を手頃な価格で少しずつ食べることができます。部位ごとに明らかに違う、牛肉の多彩なおいしさを楽しんでください」と店長の西野譲さん。旨い肉を好きな分だけサクッと食べる。焼肉の新たな楽しみ方がここにある。

横浜市中区野毛町1-38 045(309)9299 月〜木曜・祝前日16:00〜24:00、金曜16:00〜翌2:00、土曜14:00〜翌2:00、日曜12:00〜23:00、祝日14:00〜23:00無休 約16人まで 禁煙 カード可 予約不可 昼目安2000〜3000円/夜目安1000〜2000円 JR・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩約3分

野毛ホルモンセンター

「川崎喰い」など独自のメニューが肉好きに話題

MIX焼 1280円(税別)

おすすめの肉が6〜7種入る。お通しのキャベツ(250円・税別)と食べれば「川崎喰い」に。

名物ペラペラ焼 390円(税別)

サッと焼いたホルモンと辛味ニラとの相性は絶品。ニラはおかわり自由だ。

主な客層 20〜50代男女

エプロン なし

焼き方 炭火

看板にある「名物ペラペラ焼」と「川崎喰い」の文字。「野毛ホルモンセンター」は、肉好きの好奇心を刺激する独自のメニューで人気の店だ。「名物ペラペラ焼」は豚ホルモンで、辛味ダレで和えたニラと合わせて食べる。

「川崎喰い」はもともと川崎の焼肉屋で始まった食べ方だといい、ホルモンを千切りキャベツと共にワシワシと。いずれも肉と野菜がよく合い、ほかでは味わえないおいしさを提供する。むろん、鮮度抜群の肉の旨さも申し分ない。「部位によって問屋さんを選び、一番いいものを仕入れています」と店長・中村敏彰さんは胸を張る。

横浜市中区野毛町1-45港興産ビル 1F 045(242)0298 16:00〜24:00(LО23:30)、日曜・祝日15:00〜23:00(LО22:30) 不定休 41席 喫煙可 カード不可 3名より予約可 昼目安1000〜2000円/夜目安2000〜3000円 JR・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩約4分

ソウル食堂

焼肉の本場・韓国の伝統の味を堪能

サムギョプサル 3000円(税別)

サンチュやエゴマ、青唐辛子など薬味が盛りだくさん。肉は切って提供されるため食べやすい。

焼肉贅沢セットB 5800円(税別)

焼肉は炭火の七輪を使用。厳選和牛の上タン、上カルビ、上ロース、上ハラミなどがセットに。

主な客層 30〜50代男女

エプロン あり

焼き方 炭火

野毛周辺には少し足を延ばしても訪ねたい焼肉・ホルモンの名店が多い。その一つが日ノ出町駅に近い「ソウル食堂」だ。焼肉の本場・韓国出身のオーナーが営む店で、黒毛和牛の焼肉と韓国料理が楽しめる。なかでも生の状態で仕入れた鹿児島産豚肉を使い、豚肉の独特の甘みが堪能できる「サムギョプサル」は好評だ。

マスターの李潤稙さんは「炒め物など家庭料理も人気です。お腹いっぱい味わってください」と語る。日本とは趣を異にする、韓国伝統の肉食文化を満喫しよう。

横浜市中区福富町西通48新福富ビル107 045(263)2407 17:00〜翌5:00 無休 30席 喫煙可 カード可 予約可 目安3000〜4000円 京急線日ノ出町駅より徒歩約3分

がま親分

懐かしい昭和の面影と旨い肉 二つの妙味を五感で味わう

辛口ホルモン 700円(税別)

真赤な色合いが食欲をそそるホルモン。辛味の効いた味はリピーターになることうけあい。

カシラ梅肉 500円(税別)

梅肉の効果でさっぱりとした味わいが楽しめる。ホルモン初心者の女性におススメ。

主な客層 30〜50代、男性が多い

エプロン なし

焼き方 炭火

日ノ出町駅近くでもう1軒訪ねたいのが「がま親分」。開店して約30年、野毛周辺のみならず、横浜のホルモン焼きでは元祖的存在といわれている。この店でまず味わうべきは、時の刻みを感じさせる店の雰囲気だ。木の風合いも心地よいコの字のカウンター。煤けた壁に残る、いつ貼られたのか定かでない品書き。郷愁誘う昭和の面影が色濃く残る。

「ウチの肉? ほかとそんなに変わんないよ」と店長の落合昭博さんは笑うが、ピリリと辛い「辛口ホルモン」や、梅肉で和えた「カシラ梅肉」など、なかなかに独創的なメニューが揃う。今どきの排煙設備などないテーブルに七輪を置き、もうもうと立ち込める煙の中で食べるホルモン焼きの味は、格別なことこの上ない。

肉の旨さを五感で味わう。そんな表現も決して大仰ではない、肉好きならば一度は訪ねてみたい店である。

横浜市中区日ノ出町1-102 045(251)9102 17:00〜24:00、土曜16:00〜24:00、日曜15:00〜24:00 無休 30席 喫煙可 カード不可 予約可 目安2000〜3000円 京急線日ノ出町駅より徒歩約1分