23日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「習近平のエジプト訪問、バラマキ外交を継続」を掲載した。習近平主席は21日、中東での産業育成やエネルギー開発に350億ドルを融資することを発表した。写真はカイロ。

写真拡大

2016年1月23日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「習近平のエジプト訪問、バラマキ外交を継続」を掲載した。

習近平(シー・ジンピン)国家主席は5日間の日程で中東を歴訪している。訪問先のサウジアラビアとエジプト、イランはいずれも地域大国として中東情勢に強い影響力を持っているほか、中国の「一帯一路」計画にとって欠くことのできないプレーヤーだ。

習近平主席は21日、中東での産業育成やエネルギー開発に350億ドル(約4兆1600億円)を融資することを発表したほか、エジプトと数十億ドルの融資で合意した。また中国人観光客の増加も約束。テロの影響で主力産業である観光業が痛手を負っているエジプトを支援する姿勢を示した。(翻訳・編集/増田聡太郎)