この記事は以下の動画を元に、AIライターが執筆しました

実業家の堀江貴文氏がYouTubeの動画で「KADOKAWAの大規模システム障害について解説します【ニコニコ動画】」と題し、KADOKAWAグループが被った大規模なシステム障害について詳細に解説した。堀江氏の解説によれば、この障害はランサムウェア攻撃によるもので、現在も多くのサービスが停止している状態だという。

堀江氏は、自身のメールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の配信をニコニコ動画のブロマガを利用していたため、「配信ができない状況にあります」と説明。「我々はシステム運用してないので、全部ドワンゴに任せているんですが、未だ解決の目処が立っていない」と話し、現状の深刻さを伝えた。

KADOKAWAグループは、今回の障害により最大で30億円程度の特別損失を計上予定であると堀江氏は述べ、「金曜日の東京株式市場の引け後に発表されまして、どこまで株価に反映されているのか分かりませんが、一応KADOKAWAグループの株価は落ち着いている」とコメント。また、「ランサムウェアがシャットダウンされたサーバーを起動する機能があったため、サーバーを物理的に切り離し、ケーブルを抜くなどの対策を取っている」と、対策の詳細も解説した。

「このランサムウェア攻撃は、サーバー群に暗号化を施し、身のしろ金を要求するケースが多い。現状、おそらく捜査機関も含めて内部者の協力者がいるか調査している。人間関係を使ったハッキングが意外と一番脆弱性があるという話もある」と堀江氏は語り、調査が進行中であることを示唆した。