「なくて七癖」と言ったりもしますが、どんなひとにも“癖”はあります。そしてあなたのその癖が、彼にとっては「実に嫌なもの」である可能性もあるわけです。その癖によって気づかぬうちに彼に嫌われてしまうなんてことはなんとしてでも避けたいものですが、自分の癖というのはあまり意識しないことも多いのもまた事実であ