マダニ感染症が関東で初確認 致死率6〜30%で有効な治療薬やワクチンなし

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • マダニが媒介する致死率6〜30%の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」
  • 千葉県で確認されたことが3日、国立感染症研究所などの調査で分かった
  • 関東地方で確認されるのは初めてのことで、有効な治療薬やワクチンはない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x