「お金の悩みは、単になくて困るというだけでなく、プライドや希望をズタズタにして、生きていく気力さえ奪ってしまう。」(撮影:本社写真部)

写真拡大 (全4枚)

1980年代、テレビドラマ『教師びんびん物語』で大ブレイクした俳優の野村宏伸さん。最盛期の年収は2億円を超えるなど順風満帆の人生でしたが、お金のトラブルから30代でどん底に突き落とされ……(構成=丸山あかね 撮影=本社写真部)

【写真】最盛期は2億円を超える年収があったけれど

* * * * * * *

工場が倒産し一家離散

コロナ禍で失業したり収入が減ったりして、経済的な不安を抱えている人が少なくないと聞きます。お金の悩みは、単になくて困るというだけでなく、プライドや希望をズタズタにして、生きていく気力さえ奪ってしまう。お金に翻弄されてきた経験上、僕にはよくわかります。

僕も今、厳しい状況におかれていますよ。予定していた舞台が飛んでしまえば、たちまち収入は断たれてしまう。とはいえ、もとより役者という仕事は水物だと肝に銘じているからか、まったく動じてはいません。それとも、試練を通じて心が強くなったのか……。

僕の場合、生まれ育ったのは幸運にも裕福な家でした。わが家は祖父の代から都内で化学薬品工場を経営していて、父は二代目社長。当時、暮らしていたのは200坪くらいの土地に立つ豪邸で、庭の池には鯉が泳いでいました。家族旅行で初めてハワイに行ったのは、まだ1ドル300円以上の時代だった、小学校の低学年の頃でした。

でも当時は幼すぎて、普通の金銭感覚というものを知らず、「それが当たり前」。何のありがたみも感じていなかった。そればかりか僕はお金にルーズな父の背中を見て育ちました。父は人から頼まれると二つ返事でお金を貸してしまったり、簡単に何千万円もの保証人になってしまったり。

母は「お父さんはお人よしだから」と言っていましたが、今思えば、見栄っ張りだったのでしょう。もっともこれは今だから言えることで、30代までの僕は、そういう気風(きっぷ)がよく男気のある人をカッコイイと思っていた節もありました。

高校1年のある日、いつものように学校から帰宅すると、両親から「すぐに家を出て逃げなければ」と告げられました。工場が数十億円の負債を抱えて倒産したから、と。僕と妹はわけがわからないまま別々の親戚に預けられ、一家離散となったのです。

とはいえ、僕たち子どもに悲愴感はそんなになかった。僕はいつも通り高校に通って友達に会っていたし、親戚の家に帰れば仲のいい従兄がいる。ただ、校門で強面(こわもて)の債権者が僕を待ち伏せしていたのは嫌でたまらなかった。車の中に連れ込まれ、「親はどこにいるんだ」と詰問されても、「知りません」としか答えようがない。

タクシー運転手の職に就いたと父から連絡があり、再び家族4人で暮らすことができるようになったのは、工場が倒産して10ヵ月くらい経った頃です。でも住まいは小さなマンションの一室で、食べていくのが精いっぱい。そのうえ父はギャンブルに走り、ほとんど家に帰ってこない状態で……。後に両親は離婚しました。

昭和40年代、母と妹と一緒に。左が野村さん(写真提供:野村さん)

賞金が欲しくてオーディションに

高校時代は僕の人生における第一次氷河期でしたが、妹が勝手に応募した角川映画『メイン・テーマ』の薬師丸ひろ子さんの相手役オーディションに合格したことで、運命が大きく変わっていきます。高校卒業を控えた当時の僕は、父の失敗を目の当たりにしていたので、収入の安定したサラリーマンになりたいと考えていました。それなのに映画のオーディション会場へと出かけたのは、やっぱり賞金が欲しかったから。優勝者は500万円、推薦者は100万円と高額だったのです。

2万3000人もの応募者の中から自分が選ばれたことは確かにうれしかったけれど、驚きのほうが大きかったですね。もらった賞金は家族のために使いました、と言いたいところなのですが……200万円くらいの新車を買ってしまいました(笑)。あとは「生活の足しにして」と母に渡したり、貯蓄をしたり……。

このときはまだ役者として生きていこうとは思っておらず、「とりあえず、この1本に出て終わり」と考えていました。もともと自分で憧れて入った業界でもないし、続くとは思っていなかった。しかし、デビューの翌々年、僕は『キャバレー』という作品で主役に抜擢されます。僕は角川春樹事務所に所属して固定給をもらうように。デビューした頃の月給は同世代のサラリーマンと同じくらいで、15万円ほど。それが『キャバレー』以降は30万円になり、大出世した気分でした。(笑)

そして、撮影現場で先輩方と話すうちにお芝居の楽しさ、やりがいを知るようになり、俳優という職業にのめり込んでいきました。

母のために買った2億円の豪邸

その後、もう一作角川映画に出演したところで角川春樹事務所から芸能部門がなくなり、知人の紹介で事務所を移籍。すぐに決まったのが、田原俊彦さんと共演したドラマ『教師びんびん物語』の榎本英樹役だったのです。ドラマの大ヒットに伴って僕も顔が知られるようになっていき、CM出演など仕事のオファーがバンバン舞い込んできました。しかも新しい事務所での給料は歩合制だったので、20代後半で最高月収約6000万円ということもありました。まさにバブル期です。

月末に桁外れの金額が口座に振り込まれることに最初は歓喜していましたが、徐々に金銭感覚が麻痺していきました。そのうち、通帳を経理の方に預けっぱなしで、自分でいくら稼いでいるか、使っているかわからないという状態に……。そして、「自分に買えないものはない」などと大いなる勘違いをするようになっていったんです。実際、ベンツやポルシェを所有して有頂天になっていました。

一番高額だった買い物は、母を喜ばせたい一心で28歳のときに購入した世田谷区内の家です。敷地面積は110坪、50畳のリビングがある3LDKの家の価格は2億4000万円ほどでした。頭金を1億円入れて20年ローンを組んだのですが、利息が高くて、月の返済額は80万円くらいだったと思います。余裕で支払える予定だったんです。

20代の頃、海外にて(写真提供:野村さん)

父と同じ過ちを犯して……

ところが30代半ば、僕の人生に第二次氷河期が訪れます。中途半端な年齢に差し掛かり、ニーズが減ってしまったんですね。仕事のオファーが激減しました。かといって自分がどう変わるべきかもわからず、俳優として停滞期を迎えたのです。

こうなると、自宅の50畳のリビングにかかる冷暖房代なども気になり始めます。光熱費だけで月10万円くらい払っていましたからね。

さらに、大きな間違いも犯しました。親しくしていた複数の友人に、トータル8000万円ほどのお金を貸してしまったのです。ある日、それまで散々ご馳走してくれていた友人から、不動産を買うという名目で「月末には返すから」と言われました。友達が困っているのだし、銀行にお金があるのだからということで、僕は5000万円を渡してしまった。

これを皮切りに、遊び仲間から事業を始めるのでと持ち掛けられて1000万円、経営するカフェの運営資金が足りないと泣きつかれて、ポンと1500万円……。彼らとは昨日や今日のつきあいではありませんでした。だからこそ信頼して貸したわけですが、その後はことごとく音信不通に。いまだに一銭も返してもらっていません。

僕は四の五の言わずに貸すのが男らしい行為だと思っていたし、ケチな男だと思われたくなくて、「貸した金を返してくれ」と催促することもしなかった。本当に馬鹿でした。当時、すでに結婚していて、子どもも2人いたのに、父と同じ過ちを犯してしまうなんて。しかもこんなお金の悩みを人に打ち明けるなど、当時の僕には考えられなかった。プライドが邪魔をして、人に助けを求めることができずにいたのです。

友人に1000万円借りたことも

「一言相談してほしかった」と訴える妻とは、当然のごとく喧嘩が絶えず、険悪に。プライベートも仕事も八方塞がりだった30代後半が一番苦しかったかな。子どもの学費を払うため、恥をしのんで友人に1000万円借りたこともあります。44歳の頃には、生活のために友人が経営する中古車販売店でバイトもしました。俺は何をやっているんだろう、とか思いながら……。

そりゃ、貸したお金のことを考えない日などありませんでした。次第にそのことばかりが頭の中を占めて、自分がおかしくなりそうだった。だから、いつからか、もうお金のことを考えるのはやめようと決めました。

月々の家のローンの返済もつらくなって、返済額を減らしてもらうなど手を尽くしたこともありました。そしてかなり迷いましたが、家を売却することに決めたのです。2011年のことです。

同じ頃、妻とも離婚が決まりました。子どもたちには申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、別れる家族が暮らしていけるようにお金を渡し、家も手放して、借金もなくなった。すると気持ちが楽になって、気づいたらもう一度、役者として頑張ってみようかなという気力を取り戻していたのです。

「僕がお金に翻弄されて学んだことは、『人生は行動を起こせば何かが変わる』ということと、『つらいときこそ逃げない』ということ。」

執着心を手放し前を向いて

まさにゼロからの再スタートです。僕はまず、事務所から独立しよう、と考えました。個人事務所を設立して、なんでも自分でやってみよう、と。実行に移したところ、田原俊彦さんと再会するという企画のオファーがバラエティ番組から来たのです。

仕事を選んでいる場合ではないと引き受けたら、番組を見ていたテレビ局のプロデューサーからドラマ日曜劇場『とんび』(13年)への出演オファーをいただきました。そして、このドラマで頭を丸めて挑んだ僧侶の役が、役者としてのターニングポイントになりました。

個人事務所を設立したことで、これまで以上に仕事の流れや、自分に求められているものを理解するようになりました。お金に関してもそうです。ギャラがいくらか、自分できちんと把握していますし、お金の管理も徹底しています。もう、誰かに通帳を預けるなんておそろしいことはしません。(笑)

角川映画のオーディションを受けなければ、そして個人事務所を立ち上げていなければ、今の僕はなかった。行動を起こすと、人との出会いが生まれます。人との出会いから新たな仕事が生まれ、自分が助けられたりする。

友達に借金を踏み倒された後、正直、「あの金さえあれば」と貸したお金に執着していた時期もありました。でもそれでは悪縁を断ち切れない。僕は人のせいにするのをやめ、「不義理する人を見抜けなかった自分のせいだ」「お金を貸した自分が悪いのだ」と考えを改めることで執着心を手放し、前を向くことができた。

お金に苦しんだ30代後半から40代まで、本当につらかったけれど、僕は人生を断つことだけは考えませんでした。それは、自分が行動を起こすことによって出会ったいい友人に支えられたから、そして「つらいときこそ逃げない」と自分に言い聞かせていたからです。あきらめなければ、きっと道が見つかる。

幸い、今は俳優としてのオファーも増え、若いときには思いもよらなかったさまざまな役をいただいて、毎日が充実しています。50歳で今の妻と再婚し、子宝にも恵まれました。

今、僕は豪邸にも高級車にも関心がありません。経験したからということもあると思いますが、何よりも今の家族を守りたいという気持ちが強いのです。

目下の最大のテーマは「老後にどう備えるか」。でも結局のところ、目の前にある仕事をきちんとこなすことが大切なのだと思います。あとは節約でしょうか。物質的には質素ですが、家族であれこれと吟味するのが楽しくて、精神的には満たされています。今さらですが、地に足のついた暮らしができるのはありがたいことですね。