「替え玉」で退学騒動。校長は…

写真拡大

 39年連続で東京大学合格者数全国1位という圧倒的な進学実績を誇る開成高校(東京・荒川区)の入学者をめぐる騒動が、波紋を広げている。今年2月10日に行なわれた開成高校の入試に合格した生徒と、その後、実際に登校していた人物が「別人」だったことが発覚し、生徒が退学処分となったという前代未聞の騒動だ。9月28日発売の本誌・週刊ポスト(10月9日号)は〈仰天スクープ 開成高校「兄弟替え玉」で退学処分! 謎が謎を呼ぶ大騒動〉としていち早く騒動を報じ、新聞・テレビがこれに続いた。

【写真】開成の「ペンと剣」の校章。「ペンは剣よりも強し」の格言に基づいて定められた

 開成高校は9月に退学処分となった生徒がいるのを事実と認めたうえで、「『替え玉受験』ではない。受験した本人は正当に合格した。ただ、その権利を使って違う生徒が通っていたということ」と説明。「替え玉受験」ではなく、「替え玉通学」「なりすまし登校」だったという説明である。

 新型コロナの影響によって、開成高校では、4月6日に予定されていた入学式が行われず、そのままオンライン授業が始まった。6月29日から対面授業が始まったが、教諭らは別人だと見抜くことはできなかった。その後、出身中学から送られるはずの「指導要録」が開成高校に届いていないことから確認を進めたところ、「合格した生徒」の指導要録が別の高校に送られていたことがわかったという。生徒は、その別の高校に通っていた。

 ただ、替え玉通学をしたところで、登校する人物は「別人名義の卒業資格」が得られるだけで、何のメリットがあるのか分からない。謎が謎を呼ぶ騒動で、さらには「登校した人物」と「合格した生徒」が兄弟関係であるなどの情報があり、それらを開成高校の野水勉・校長への直撃取材でぶつけた際の一問一答が以下だ。

──今年4月に入学して、9月に退学になった生徒について。

「とにかく、未成年ですから。余計なことは言えません。東京都のほうにも報告してますので」

──入試を合格したのが「弟」で、登校していたのはその「兄」という情報がある。

「すみませんが、そこもノーコメントで」

──兄弟ではないのですか?

「(少し考えて)それも、申し訳ないけど……。いまはちょっと私たちがお答えすると、うちだけでないところに大変迷惑がかかることもありますから。その(なりすまし登校をしていた)当該の人も傷つくし、さらに(試験に合格した)もうひとりも傷つく」

──今年は4月に高1が入学した後、新型コロナの影響で開成高校もしばらくはオンライン授業だった。6月末から登校が始まり、そこで(なりすましに)気が付いたのですか?

「うーん。まぁ、そういうことはもう随分あとになってからですね」

──退学処分は9月になってからだった。

「とにかく、学校に入学資格のない人が通っていたというのは事実。なので、それを確認してやめていただいたということ」

──生徒の両親を呼んで、お話しした上でということですか?

「そこらへんはちょっと 」……

──野水校長は今年4月に着任したばかりですが、今回の件について率直にどうお考えですか。

「まぁ、まったくの性善説でいろんなことを考えています。まさかという感じです」

──当該生徒が合格したことにより、ひとり不合格になった生徒が発生したみることもできるのではないです?

「それはなんとも言えないですね。そういうふうな捉え方にはならないと思う」

──今回の退学を受け、別の子が繰り上げで合格になるといったことは?

「ないと思います」

 2020年の東大合格者数でみれば、開成は185人と、全国2位の筑波大附属駒場(93人)を大きく引き離す圧倒的トップの人数を叩き出している。その「日本一の超進学校」の教育をどうしても受けたい人物がいたということなのだろうか。