福岡市西区の公園で知人の男女2人を殴ったとして、福岡西署は9日、暴行の疑いで、同市早良区の無職男(63)を逮捕した。署によると、被害者を含む3人はJR筑肥線姪浜駅前のベンチ周辺で、酒を飲んで騒ぐなどの迷惑行為を繰り返し問題になった中高年の集団のメンバー。9月下旬にベンチが撤去された後、公園に拠点を移し仲間内で再びトラブルを起こした。

 逮捕容疑は8日午後3時ごろ、駅近くの姪浜中央公園(同市西区姪浜駅南2丁目)で、知人の早良区の女性(64)と西区の男性(69)の顔を殴ったり、押し倒したりした疑い。署の調べに、男は「言い訳することはない」と話している。

 署によると、姪浜駅前のベンチ周辺での迷惑行為は、少なくとも4年前から始まった。苦情や110番が相次ぎ、逮捕者も出たが起訴されずにまたベンチに集まる「いたちごっこ」が続いていた。署や区役所などは対策会議を開き、9月27日にベンチを撤去した。

 撤去後、「姪浜中央公園で中高年の集団が酒を飲んでいた」などの通報が複数寄せられた。8日の事件も住民の110番で判明。男たちは酒を飲んでいたという。 (梅沢平)