今話題のファスティングダイエットってなに?〜ファスティングがもたらす5つの効果〜

写真拡大 (全2枚)

 皆さんは、「ファスティング」という言葉を耳にしたことがありますか?

「ファスティング」とは、短時間の断食(ファスティング)で消化器官内を空っぽにすることで体内環境をリセットし、デトックスや脂肪燃焼が期待されるという、モデルの方々の中でも一目置かれている方法です。

ファスティングをすると、なぜ体がリセットされ、痩せやすくなるのでしょうか。

今回は、この「ファスティング」の効果について書いていきたいと思います!

・今すぐ読みたい→
いま注目の「16時間断食」とは?内臓を休ませて健康的に!話題のダイエット法 https://cocokara-next.com/fitness/16-hours-intermittent-fasting/

ファスティングダイエットで期待できる5つの効果


 ファスティング中は、消化器官の休息と細胞の活性化が起こり、私たちの心体に様々な効果を与えてくれます。

ここでは、ファスティングがもたらす5つの効果について見てみましょう。

効果1:デトックス効果
デトックス効果は、ファスティングの最も大きな効果です。普段では排出しにくい、宿便・有害金属・食品添加物を体内から排出してくれます。普段、ジャンクフードやコンビニ弁当などに含まれる、人工甘味料、食品添加物を多く摂っている人は、大きな効果が期待できます。

効果2:消化器官の休息による、体の修復効果
ファスティング中は、断食をしているので消化するものがありません。そうすると消化器官が休息し、消化に使われていたエネルギーは体の修復に使われるようになります。これによって、体内がリセットされ、痩せやすい体質に変えてくれるのです。

効果3:脂肪燃焼効果
私たちの体は、主に脂肪よりも糖質をエネルギーとして使っています。糖質を摂取すると筋肉や肝臓内に蓄えられますが、体内の糖質が使い切られたとき、エネルギー源が糖質から脂質に切り替わります。ファスティングによって、必然的に糖質を使い切ることにより、脂質がエネルギー源として使われ始め、脂肪を燃焼してくれるのです。

効果4:五感が研ぎ澄まされる
ファスティング中は、空腹で勉強や仕事に集中できないのでは?と思われがちですが、神経伝達物質が活性化され、むしろ頭が冴え、五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)が研ぎ澄まされます。

効果5:味覚が変わり食生活が改善する
私も含め、DIETAに通われているお客様でファスティングを実行した方々の多くが「味覚が変わった」と言います。味覚が繊細になることで、人工甘味料や食品添加物などが入っている食品に対して敏感になります。また、脂っこい加工食品やスナック菓子への食欲がなくなり、素材本来の味を楽しむ料理を好むようになります。

このように、ファスティングには様々な効果で痩せやすい体に切り替えてくれるのです。

【まとめ】

 海外では、ファスティングが治療に使われるほど。

ダイエットのみならず、美容や健康、体内環境をリセットする効果も期待できるので、やってみる価値はあります!


[文:http://natural-city.com]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
いま注目の「16時間断食」とは?内臓を休ませて健康的に!話題のダイエット法 ​https://cocokara-next.com/fitness/16-hours-intermittent-fasting/