薬剤師の男性教諭 薬の代金約349万円を着服していた

ざっくり言うと

  • 岐阜市立岐阜薬科大で、薬剤師の男性教諭が薬の代金349万円を着服していた
  • すでに全額返済しているが、同大は近く教員を岐阜県警に告訴する
  • 発覚を免れるため、PCを操作して処方した日付を改ざんしていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング