日本人観光客をまたお連れして!と韓国メディア、「反日…もうそれくらいにしておけ」「自分が日本人でも…」ー韓国ネット

写真拡大

日本人観光客が減少し続けている韓国で、旅行業界が“非常事態”に追い込まれている。

【その他の写真】

韓国経済は8日、「私たちに日本人観光客をまたお連れして!」と題した記事を掲載した。記事によると、訪韓する日本人観光客は2012年には351万8972人だったが、昨年は274万7750人と21.9%減少、今年は241万人程度となる見込みだという。訪韓日本人が急減した原因は、円安で日本人が海外旅行を控えるようになったことに加え、(李明博大統領が竹島に上陸した)2012年8月以降、韓日関係が悪化したこと、北朝鮮の核問題に伴う安全保障面での不安などが複合的に作用したとみられている。

特に今年はセウォル号沈没事故や韓日関係の悪化によって、修学旅行などの団体の減少が目立っているという。

このため、日本人観光客向けの旅行業者は「赤信号が灯った」状態に追い込まれている。減給や時間制勤務を実施する会社が出てきたほか、仕事がないために中国語の勉強を始める日本語ガイドもいるという。

こうした事態を受け、韓国文化体育観光部や韓国観光公社では、日本の旅行業関係者を招待するツアーを実施するなどの対策に乗り出した。国交正常化50周年に当たる来年には、韓日交流まつりなどの交流イベントを多数予定している。観光公社では「最近の低迷をきっかけに、地方の観光を活性化して高品質·高付加価値商品を開発し、従来は韓国観光の最大の顧客であった日本人たちが再び韓国に目を向けるよう努力する」としている。

このニュースは、多くの韓国人ネットユーザーの関心を集め、ネット上には様々な意見が寄せられている。主なコメントを紹介しよう。

「韓国旅行に来る日本人は殆ど韓国に友好的な日本人。彼らが通りかかっても悪口はやめましょう」

「もう来たから、客がいないんじゃね?」

「円が下がり過ぎたから」

「高い費用でも来たくなる韓国にしないと。安さ目当ての観光なんて、そんなに意味ない」

「外国人観光客だからってぼったくるなよ。あれ見ると韓国人として情けなくなる」

「反日、反日…もうそれくらいにしておけ。韓国にも善人・悪人がいるように、日本も人によって違う」

「なんで『お連れする』んだ?円高になりゃ、また戻ってくる」

「一度来ると何度でも来たくなる国は、個々の小さな市民意識によって作られる」

「最近中国人が韓国に来てまるで自分たちの植民地のように振る舞っている…それに比べりゃ日本人観光客は仏。日本人はタバコも携帯吸殻に入れるぞ」

「韓国に遊びに来る日本人は韓国好きで、外国まで外貨を落としに来てくれるお客様。タクシーの運転手の責任も大きい…ぼったくったり、乗車拒否したり」

「日本人の友達がいます。何でも相談に乗ってくれるいい奴だけど、そいつが初めて韓国に来た時、日本語話しているだけでジッと自分を見る人々の視線が気になって嫌だったとか」

「何か見どころでもあれば、招待なり何なりできようが…自分が日本人でも、韓国は一回で充分だろうなw」

(編集 兼田)